2016年 12月 30日

『東京新聞 こちら特報部』『2016年 あのひとこと』より

e0030187_20111216.jpg












 今日付け『東京新聞 こちら特報部』の『2016年 あのひとこと』
(22-23面)から、さらに抜粋。

<1月 
  「政治家の事務所はいい人だけとつき合っているだけじゃ、
 選挙に落ちちゃうんですね。小選挙区だから。来る者は拒まず
 ってしないと当選しないんです」
 (都市再生機構の補償交渉に関与した疑惑で辞任した甘利明・
 経済再生担当相)

 2月
  「(ある番組が「憲法九条改正反対」支持の放送を繰り返した
 として)放送局が全く公正な放送をせず改善措置も行わない時、
 法律に規定された罰則規定を一切適用しないとは担保できない」
 (高市早苗総務相)

  「やっとここまできた。事故の責任を誰も負わないのはおかしい」
 (福島原発事故で勝俣恒久・東電元会長ら三人が強制起訴となった
 ことで、「福島原発告訴団」の武藤類子団長)>

 3月
  「官僚・政治家・復興庁・東電・経団連・安倍総理が この
 双葉郡に住んでからモノを言え」
 (三月十一日、福島県富岡町の自宅に一時帰宅した女性が、
 玄関のドアに書いた言葉)

  「(国民は)このような言葉を聞き、心臓発作を起こしそうに
 なったことだろう。贈り物は必要ない」
 (「過去を置き去り、ともに未来を見よう」というオバマ米大統領の
 呼び掛けについて、党機関紙へのキューバのカストロ前国家評議会
 議長の寄稿)

 5月
  「県民は悔しくて、悔しくて泣いている。基地がある限り、同じ
 ことが繰り返される」
 (沖縄県で起きた米軍属の男による女性暴行殺害事件で、沖縄平和
 運動センターの山城博治議長)

 6月
  「再延期するとの私の判断は、これまでの約束とは異なる新しい
 判断だ」
 (消費税増税をめぐり、安倍晋三首相)

  「司法の犯罪は、司法自らの手で裁かれなければならない」
 (戦時中の言論弾圧「横浜事件」元被告の遺族が起こした国家
 賠償訴訟で、東京地裁に請求を棄却された木村まきさん)

 10月
  「役に立つという言葉が、とっても社会を駄目にしている。
 役に立つのは十年後、百年後かもしれない」
 (ノーベル医学生理学賞受賞が決まった大隅良典東京工業大
 栄誉教授)

 11月
  「こないだ冗談を言ったら(閣僚を)クビになりそうになりまして」
 (TPP承認案をめぐる自らの「強行採決」発言について山本有二農相)

  「(福島を訪れ)チェルノブイリ事故と同じで、国は人の命に全責任
 を負うことはしないと強く感じた。全体主義の長い文化があったわが国
 (旧ソ連)と同じく、日本社会には抵抗という文化がないようにも感じた」
 (来日したノーベル賞作家のスベトラーナ・アレクシエービッチさん)

 12月
  「パイロットは県民に被害を与えなかった。感謝されるべきだ」
 (沖縄県名護市海上でのオスプレイ事故で在沖米軍トップのニコルソン
 四軍調整官)

  「(ニコルソン発言を受けて)植民地意識丸出しという感じ」
 (沖縄県の安慶田光男副知事)>


 そして、"土人"発言を擁護あるいは賛同した連中__
松井知事と大阪のテレビの沖縄ヘイト
「土人」発言擁護の鶴保氏 沖縄担当相の資格なし





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2016-12-30 22:23 | 雑録 | Comments(0)


<< (1)モリー・ハードウィック/...      (3)北村薫 編/鮎川哲也[短... >>