2006年 01月 19日

「テレパシスト」終わらず、

e0030187_18325861.jpg








短篇集「アザー・エデン」(エヴァンズ&ホールドストック編 ハヤカワ文庫 89初)
中の「アミールの時計」(イアン・ワトスン)を挿入的に読む。スタイリッシュで
恰好いい。「ヨナ・キット」はサンリオか。どなたか売って下さい。

 「テレパシスト」は「夢見る宝石」(スタージョン ハヤカワ文庫 79初)みたいに
展開するかと思っていたら、方向違い。主人公は、ひきこもりテレパスを
その幻想世界から引きずり出す作業に専ら従事している。
 彼が初めて優しい気持を抱いた 唖でつんぼの少女は、人工耳殻だったかを
着けてもらい 通常生活にひとり戻り、彼は仕事に集中するしかないのだろう? 
 こんな話だったのかしら。むかし読んだときの記憶がないので何とも言えない。

 S がどうやら回復したようだ。一安心。皆さまも、お気をつけ下さい。

お手数ですが、クリックをよろしく。
本・読書ランキング[人気blogランキング]へ
[PR]

by byogakudo | 2006-01-19 13:15 | 読書ノート | Comments(0)


<< ひとり寂しく五反田へ行く。      「うすゆき抄」その他 >>