2017年 01月 27日

本郷三丁目~湯島~外神田/秋葉原~下谷(’17/01/26)

e0030187_19282243.jpg












e0030187_1928399.jpg












 昨日(1月26日)は一昨日(25日)より更にましな気温だったので
(今日は”まし”を通り越しているが)、大江戸線で本郷三丁目・
下車、湯島の方向にちょっと歩いてと、予定では、そうなっていた。

 「旧湯島 新花町(しんはなちょう)」など、界隈に地名の歴史を
記した案内がある。大きな道沿いはビルだけれど、内側に入ると、
木造平屋や木造モルタル二階屋が残る。庭ともいえない、道路に
直面した家屋とのすき間に、大木が夏みかんを実らせていたり。

 神田に向っているつもりが、大通りの地下鉄駅名は、末広町だ。
先に続くは秋葉原ではないか。
 また内側に入る。千代田区外神田5丁目、山木自動車の方から
声をかけられる。
 「久保田博二って写真家、知ってる、マグナムの?
 分らない、そうか、もう歳だからなあ。
 じゃ、本城直季は、ジオラマ写真の?」
 二人とも、この辺りのひと(か、住んでいた)という話だった。

 まだうろうろする。前に入り込んだ、高架下のアルティザン街、
2K540に入り込み、元の道筋に戻って昼食。

 コーヒーが飲みたいというSを誘って地下鉄。稲荷町・下車、
Coffeeヤマに行く前に、小山生菓子店へ。大福を買う。
 90年続いているそうだ。合天井が白くペイントされ、白い
ガラスに覆われたペンダントライトが下がる。壁付けの大きな
鏡もあり、ちょっと、むかしの床屋さんも思い出す。ある時代の
室内だ。

 ヤマ、健在! カウンター席の常連らしき男性と入れ替わりに
わたしたちが入り、しばらくすると中高年・女性の二人連れ。
 ココアを頼んだ高齢の女性が、涼しく甘い東京弁を響かせる。
 「治験っていうけど、人体実験じゃないの、いやよ」
 東京弁、健在!

 さらに佐竹商店街までノシて、鳥越煎餅 加賀屋(品川巻)と
佐藤精肉店。目前のおかず横丁までの元気はなく、やっと新御徒町
から帰る。
 今日はヘタばって過ごす。



呪 吐爛腐/呪 心臓亜屁/





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2017-01-27 20:53 | 雑録 | Comments(0)


<< (2)鮎川哲也『サムソンの犯罪...      (4)久生十蘭『久生十蘭「従軍... >>