「ほっ」と。キャンペーン
2017年 02月 10日

阿佐ヶ谷から中野へ(買出し)

e0030187_19252723.jpg












 写真は神田駅辺り?

 コーヒーが切れる。シャンプーも無くなりかけている。寒いけれど
出かけなきゃ。
 タリーズ・コーヒーとサンドラッグ系薬局とが隣り合ってとまでは
望まない、それぞれが近くに在れば問題ないのだ。前者のカフェオレ・
モナーレと後者のアミノ酸系シャンプー(髪を染めているので)を長年、
使っている。どちらも無いと困る。

 ブランドものには興味がなく、リーズナブルで気に入ったものを使い
続けたいだけなのに、商品の流通は非情だ。コンヴィニエンス・ストア
で売っていた無印良品のスリッパが消え、代替品はまだ見つからない。
甲を覆う部分が深くて、脱げにくいスリッパだったのに、消えた。
 ベーシックで使いやすく、高くないから消えるのだろうか?

 JR路線から外れて住んでいるので、地下鉄で南阿佐ヶ谷まで。阿佐ヶ谷駅
まで歩き、駅ビルでコーヒーを買い、挽いてもらう。そのまま電車で中野へ。
 シャンプーも、中野駅のすぐ近くで買える。でも、少し足を伸ばせば中野
ブロードウェイ。4Fには、まんだらけ海馬の均一棚がある。

 108円均一で、ドナルド・E・ウェストレイク『二役は大変!』(ハヤカワ
ミステリアス・プレス文庫)、ジョゼフ・ウォンボー『ブルー・ナイト』
(ハヤカワ文庫)、ロジャー・ゼラズニイ『アイ・オブ・キャット』(創元推理
文庫SF)、ロラン・トポル『カフェ・パニック』(創元推理文庫)、ロバート・
A・ハインラインで『地球脱出』と『地球の脅威』(HPB)。

 中野ブロードウェイもサンモール商店街も好きじゃない。大急ぎで通り
抜けようとして、シャンプーを買い忘れ、また戻ったりしながら必需品の
買出しを終える。本を見ている間に、ずいぶんと空が暗くなった。寒さが
つのる。



呪 吐爛腐/呪 心臓亜屁/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/
 トランプの声が嫌いだ。口中に飴玉を含んだまま、偉そうな声音で
喋る、あの声が。
 安倍晋三の声が嫌いだ。聞かれたくないことに答えるときの早口で
キャンキャンした周波数になる、あの声が。
 二人ともTVに映れば何か仕事をしているように見えると分っている
ので、それをする。バナナ・リパブリックだからしょうがないと自認
しているからか、世界の政治権力者でいちばん早く、トランプの靴を
舐めに行った男、安倍晋三。それが外交だと持て囃すTVニュース。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2017-02-10 21:10 | 雑録 | Comments(0)


<< (2)伊藤整『近代日本の発想の...      (5)河盛好蔵『回想の本棚』再... >>