「ほっ」と。キャンペーン
2017年 02月 12日

鹿島茂『文学的パリガイド』読了

e0030187_15301163.jpg












 写真は2月4日(土)、神田駅近くで。

 パリの歴史地理を語り、また小説の舞台として選ばれたパリ
各地点を、「一スポット一文学者」という原則で綴る『文学的
パリガイド』。

 ほんとに何の知識もなく、漫然と歩いていたものだと、薄らいだ
記憶を甦らせて読む。右岸の方はほとんど歩いてないし、左岸も
リュクサンブール公園付近が専らだ。
 何かを見るために、どこかに行くのではなく、住いの近所をただ
歩く、という散歩スタイル(?)は若いころからの習性だったのかと、
今更ながら。
 でも、ただ歩いているだけで幸福を感じられる町/街ってすばらしい。

<ヘンリー・ミラーは「ニューヨークは大金持ちでも不幸だと思う町
 だが、パリは一文なしでも幸福だと感じる町だ」と言っていた。
 リュクサンブール公園でこの[注:復活祭のころの樹々の]『芽生え』
 の瞬間に立ち会うと、確かにヘンリー・ミラーの言っている通りだと
 納得する。>(p162『リュクサンブール公園あるいはジッド』)


     (鹿島茂『文学的パリガイド』中公文庫 2009初 帯 J)



呪 吐爛腐/呪 心臓亜屁/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2017-02-12 22:13 | 読書ノート | Comments(0)


<< ジョゼフ・ウォンボー/工藤政司...      (2)伊藤整『近代日本の発想の... >>