2017年 02月 17日

共謀罪は凶暴である

e0030187_20374028.jpg












 安倍晋三・以下、嘘をついてる意識すらなく、出放題のデタラメ
ばかり聞かされる。

 共謀罪(ことテロ等準備罪)について、安倍晋三はこれまで
<「一般市民が対象となることがあり得ないよう検討している」>
と言い続け、
法務省刑事局長・林真琴(まこと)も
<「そもそもの結合の目的が犯罪の実行である団体に限られる。
 普通の団体は除外される」>(1月30日 参院予算委員会)と答弁。

 しかし法相・金田勝年は、
<普通の団体でも、犯罪を反復継続するなど性質が変わったと
 認められた場合に処罰対象となる可能性を否定しなかった>
(2月2日 衆院予算委員会)。

 首相・刑事局長と、法相の見解の不一致を問われた法務省は、
ついに、
<普通の団体が性質を一変させた場合も、処罰対象の「組織的
 犯罪集団」になり得るという政府統一見解を示した。>
(2月16日 衆院予算委員会理事懇談会)。

 たとえどんな答弁であれ、正直に答えるのは、いいことである。
久しぶりに嘘じゃない言葉が聞けた。
 共謀罪が憲法に保証されるところの、内心の自由を侵害する機能を
持たせた法律であることを自ら認めたのは、認められる行為である。

 だが、この点を指摘された安倍晋三は、また頭の悪さをむき出しに
して、
<「そもそもの目的が正常でも、一変した以上、組織的犯罪集団と
 認めるのは当然だ」>と居直り、
<オウム真理教を例に「当初は宗教法人として認められた団体だった
 が、犯罪集団に一変した段階で一般人であるわけがない」と強調>
(2月17日 衆院予算委員会)。

__しかしオウム真理教が犯罪集団と認識されたのは、事件を起こした
ことが明らかになって以後だ。誰かを殺したいと心で思っている段階では、
宗教上ではともかく、何人も、法的には無罪である。

 権力にとって使い勝手のいい共謀罪は、たとえば反政府デモにも犯罪集団
のレッテルを張ろうと思えば張れる。今だってすぐ、公務執行妨害という名目
で逮捕しておきながら、今更これ以上の、権力にとって使いやすい法律を作り
たいってのが厚かましい。
 こういう極めて凶暴な共謀罪(ことネオ治安維持法)の危険性、という根本的
な問題に目をつむる。馬鹿で気狂いだから、目をつむっていることにも無自覚
だろうが。

室井佑月が金子勝と安倍政権批判(前)

室井佑月が金子勝と安倍政権批判(後)

室井佑月が山口二郎と語る野党の闘い方

呪 吐爛腐/呪 心臓亜屁/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/

 民放のニュース番組は白か黒かをすぐ判断できる、"分かりやすさ"
重視の編集で構成される。外国人の発言は日本語に吹き替え、食事の
支度に忙しくて字幕を読む暇がない人の便宜を図る。親切ついでに、
発言者が悪人か善人かを分別しやすいよう、声優にはどちらかのトーン
で喋るよう指示が出されているのだろう、直接話法は白黒(善悪)の
色分けがされ、間接話法の中性的声質は避けられる。

 ところが、トランプに限って、日本語吹き替えを聞いたことがない。
 TVをあまり見ないから、吹き替え版のニュースもあるのかもしれないが、
吹き替えに伴う白か黒かの色分けにTV局は困っているのだろうか? 
 善人口調に吹き替える訳に行かず、聞いた途端に悪人だと分る口調で
吹き替えるのも、安倍晋三・独裁政権下では憚られ、かくて、近頃珍しい
字幕付きになったと判断している。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2017-02-17 21:28 | 雑録 | Comments(2)
Commented by saheizi-inokori at 2017-02-17 22:08
安倍は共謀罪の危険性に目をつむっているのではなくて、その危険な状態をめざしているのだと思います。
安倍を共謀罪でひっくくりたい!
Commented by byogakudo at 2017-02-17 22:39
安倍晋三が、アメリカの言うがままの法律を作り続けていながら、戦後体制打破とか言い、それを信じていられるのは、サイコパスだからでしょうか。


<< B・O巡回      (3)ロバート・A・ハインライ... >>