2006年 01月 21日

来てはみたけれど

とてもワゴンを表に出すような日ではない。店頭の雪かきをする。軒テントの雪も
払ったが、その上、2階との間にある軒庇まで棒が届かない。1カ所壊れていて、
いつも そこに雪が残り 雫を落とすので、何とかしたいのだが。

 昨夜から「ポンスン事件」(クロフツ 創元推理文庫 69初)。これも以前読んだ
ことがある? しかし、これは <待望の本邦初の完訳本である。> そうなので。

 お師匠さんによれば、戦前や戦後すぐの翻訳ミステリには抄訳がまま あって、
ノートを取りながら!読んだのに どうしても謎の解明に納得できないと思ったら、
必要なデータの部分が抄訳で略されていた、ということがあったらしい。
 だから これは大丈夫の筈だが、肝心の読み手が名探偵と頭脳を争いたがらないので
猫に小判である。クロフツらしく、じっくり ゆっくり着実に話は進んでいるけれど。

 寒くて風邪をひきそうなので 今日は帰ります。また明日。

新着本

クリックをお願いします。
本・読書ランキング[人気blogランキング]へ
 
[PR]

by byogakudo | 2006-01-21 14:32 | 読書ノート | Comments(0)


<< ダルジュロスもポールもいなかっ...      ひとり寂しく五反田へ行く。 >>