2017年 02月 20日

斎藤美奈子『文学的商品学』読了

e0030187_2132517.jpg












 小説に代表される文学作品もまた、商品として流通するモノ
であることが露わな近頃、斎藤美奈子は、小説に用いられる
アイテム__服やファッション、カタログ化・ブランド化、
食べ物、ホテル、バンド、オートバイ、野球、そして貧乏__
を取り出して、文学作品を考察する。真正面から表層を見る。
身も蓋もなく、ともいえるが。

< 二〇世紀は、そもそも装飾性から機能性へと、衣服の役割が
 大きく変化した時代でした。[略]
 ことばからも装飾性が削ぎ落とされていきました。美文、技巧、
 大げさな比喩、描写過多、ことばの綾。凝りすぎたレトリックが
 「悪文」として槍玉にあげられるのは、二〇世紀に特徴的な文章
 イデオロギーです。
 [略]
  服も文もシンプル・イズ・ベスト。キンキラキンなのは嫌われる。
  日本の場合はこれが「内面重視」の(日本でいう)自然主義文学と
 結びついて、基本的には今までずっと続いてきたといってもいい
 でしょう。(外面を取り繕う)服の描写なんぞにウツツを抜かして
 いないで、「人間の内面性」をきっちり描きなさい。現代の青春
 小説といえども、そうした歴史的呪縛から完全に自由とはいえない
 のかもしれません。>
(p20-21『第1章 アパレル泣かせの青春小説)

<企画が先にあって、後で作品(のようなもの)をつけていくやり方を 
 「コンセプト・ワーク」といいます。小説にも、このような連作形式
 で書かれたものがたくさんあります。「カタログ小説」とでも申しま
 しょうか。
 [略]
 カタログ小説が盛んに書かれるようになったのは、八〇年代以降の
 傾向です。背景には、雑誌文化に加えて、広告代理店文化の興隆が
 あるように思われます。代理店の仕事が「文化」かどうかは意見の
 分かれるところでしょうが、ある時期以降の広告代理店は、モノそれ
 自体に「物語」を見つけようと躍起になってきました。モノの「性能」
 ではなく「物語」に投資する、八〇年代以降の消費者動向は、その
 ように変わってきたからです。>
(p75-76『第3章 広告代理店式カタログ小説』)

 いまでは記号(ブランド商品)さえ身につけていれば、他人(ひと)は
勝手に記号の背後に連なる物語を解読してくれ、それを身にまとう
"わたし"も、その物語の線上に在ると見なされる、と本人は(少なく
とも本人だけは)信じているようだ。うっとうしくも。

 軽やかに記号の戯れを続けながら、最後の章に至る。

 日本の「私小説」や「プロレタリア文学」を"元祖貧乏小説"と
まとめ、これらは、

<「知識階級=インテリゲンチャの貧乏小説」なのです。
 自分自身をモデルにした私小説の場合、主人公は必ず作家か、
 または作家志望者です。家を追い出され、子どもをつれて街を
 さまようことになっても、書きかけの原稿は後生大事に抱えて
 いる主人公。これが「インテリ貧乏」でなくてなんでしょう。
  一方、プロレタリア文学は、登場人物たちは底辺労働者でも、
 物語の表舞台には姿をあらわさない語り手がインテリです。>
(p255-256)と、自明すぎて見落としやすい事柄を指摘し、

< 日本が誇る貧乏ノンフィクションの多くは、知識階級の人々が
 使命感にかられて書いたものでした。それらが貴重な社会史の
 資料であることに変わりはありませんが、しかしそこに描き出さ
 れたのは「彼らの貧乏」です。一方、一人称小説、または三人称一元
 小説(ノンフィクションでも同じことです)が描くのは「私の貧乏」
 です。書くことでも読むことでも、あらゆる知的な作業には、人間の
 尊厳を取り戻す力がある。
 [略]
 貧乏小説だけではありません。獄中記も闘病記も女学生の失恋日記も
 みんなそう。
  そうなんです。残念ながら、ここは率直に認めなくてはなりません。
 人はパンのみに生きるにあらず、なのです。 
  ただし、書かれたものが人の心に訴えるかどうかはまた別の話です。
 [注:松井計の]『ホームレス作家』が読む人の心を動かすとしたら、
 「事実の重み」ゆえではなく、「事実の抽出」に優れているからです。
 そして、優れた作品は、必ず「パンの描き方」に秀でています。>
(p276-277『第9章 平成不況下の貧乏小説』)と、きっちり結ばれる。


     (斎藤美奈子『文学的商品学』 文春文庫 2008初 J)



呪 吐爛腐/呪 心臓亜屁/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/
 ひとりよがりの野良ブログ空間を死守すべく、連中が退出する
まで、コールを続ける。コピー&ペーストに、どれほどの呪力が
あるものか、という疑問はあるけれど。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2017-02-20 22:17 | 読書ノート | Comments(0)


<< 由良君美『セルロイド・ロマンテ...      (1)井上究一郎『ガリマールの... >>