2017年 02月 21日

由良君美『セルロイド・ロマンティシズム』摘み読み/(2)井上究一郎『ガリマールの家』に追加

e0030187_22355123.jpg












 『セルロイド・ロマンティシズム』。もう、タイトルだけでクラクラ
来ちゃう。ジャケットでは『ラ・パロマ』のイングリット・カーフェン
が目を見開く。
 これだけで即、手に入れなくちゃと反応する。本は読めればいい、
寝ころんで読むには文庫本がいちばんという殺風景な質だが、そんな
奴でもたまに、稀にだけれど、単行本でなければならないときがある。
本のオブジェ性は単行本に表れるので。

 本が届く。包みを解き、本を手にする。ジャケットを眺め、ページを
ぱらぱら捲る。その際、文字に目を引かれて読むこともある。
 本は(どんな本でも)読まなくても持ってるだけで嬉しい。単行本は
さらなり。


     (由良君美『セルロイド・ロマンティシズム』
     装幀・梁間修作 文遊社 1995初 帯 J)

~2月19日より続く

 書き落としていたが、これも単行本の方が、読むにつけ持っているに
つけ、いいのではないかしら? 
 厚みはそれほどではないが灰色の堅牢な函、オフホワイトのやさしい
ソフトカヴァ、紫色も少し混じった濃い灰色の見返し、巻末のモノクローム
写真ページに入る前に、トーンの違う灰色のページを一枚入れて切替える
など、単行本ならでは、の装幀なので。


     (井上究一郎『ガリマールの家__ある物語風のクロニクル』
     装幀・栃折久美子 筑摩書房 1980年2刷 函 帯)



呪 吐爛腐/呪 心臓亜屁/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2017-02-21 22:36 | 読書ノート | Comments(0)


<< (1)ドナルド・E・ウェストレ...      斎藤美奈子『文学的商品学』読了 >>