猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2017年 02月 25日

西荻窪・銀盛会館にて「古本屋ツアー・イン・ジャパンの大放出古本市」

e0030187_18344148.jpg












 今日は西荻窪に行くんだ。銀盛会館1Fで今日・明日の2日間
開かれる、「古本屋ツアー・イン・ジャパンの大放出古本市」
に行こうと、数日前から決めていた。

 11am開場と知っていても、出足は相変わらず遅い。バス停・
宮前何丁目かで降りて住宅地を歩き、着いたのが2:30pmころ
だろうか。会場内は潮が一度引いた後の空気がするが、それでも
数名、熱心に平台を覗いている。なつかしい古書展会場の空気
である。わたし(たち)も台に張りつく。

 古書展でも古書店でも他人が目に入らなくなるので、Sの動向は
よく知らないが、彼は単行本の棚をまず見たようだ。
 わたしが身体を深く折り、平台に接触せんばかりに覗き込む__
文庫本の背から15cm辺りまで近づかないとタイトルが読めない__
ので、文庫は後で見ようと思ったのかもしれない。

イスレール・ザングウィル『ボウ町の怪事件』(創元推理文庫 1961年5版 裸本)、
リチャード・マイルス『雨にぬれた舗道』(角川文庫 1970再 裸本)、
アルフレッド・ベスター『虎よ、虎よ!』(ハヤカワ文庫 2008初 J)、
佐々木邦『おてんば娘』(春陽文庫 1968年18刷 J)、
光瀬龍『明治残侠探偵帖』(徳間文庫 1983初 J)、
谷崎潤一郎『美食倶楽部』(ちくま文庫 1989初 帯 J)、
ハーバート・ブリーン『夜の闇のように』(HPB 1957年)、
ノエル・カレフ『その子を殺すな』(創元社 1959年・普及版初)、
邦枝完二『瓦斯燈時代』(朝日文化手帖 1954初)、
畑中章宏『柳田国男と今和次郎』(平凡社新書 2011初 帯 J)、
今和次郎『働く人の家』(相模書房 1947初)、
『[普及版]土方巽全集 1』(河出書房新社 2005年普及版初)、
『土方巽を幻視する』(愛知県文化情報センター 1997年)。

 全13点。平台を覗き込む姿勢は、どうしても古書展に通っていた
ころを思い出させる。著者名とタイトルを書いていると、ホームページ
の新着欄を作っていた時代を想起させる。思わず、本の状態まで書き
そうになる。
 古本屋気(け)は、ほぼ抜けているので、読みたい本、持っていたいもの
しか手にしないけれど、久しぶりに、五反田・古書展1Fでの熱中に近い
状態だった。

 古本屋ツアー・イン・ジャパンの小山さん、どうもありがとう! 
楽しかったです。




呪 吐爛腐/呪 心臓亜屁/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/
 





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2017-02-25 21:39 | 雑録 | Comments(0)


<< (1)北村薫・宮部みゆき 編『...      ローレンス・ブロック/阿倍里美... >>