2017年 04月 18日

大和町から阿佐谷北へ

e0030187_1841980.jpg












 近隣でありながら、あまり行ったことのない、何もないところを
歩こう。中野駅までバス。北口、中野区役所前からまた阿佐ヶ谷駅
行きバス、大和町三丁目で降りる。

 わたしは一度来たことがある。バレエのK・K夫人が当った都営
住宅の検分にお供したのだ。静かでのどかだ。いちばん近い"街"
がバスで行く中野。彼女が行く病院は新宿方面だから、さらにバス
を乗り継ぐ。図書館も近くになさそう。
 そんなこんなで彼女は辞退した。Sは今日初めて(?)ここらを
歩き、物件を見たが、見た途端、
 「あ、K・Kさん、無理」。もっと街の気配がある静かなところ
でないと。
 
 何もないといっても、こういう何もなさではないんだがな。
 歩いていると陽が出て暑くなる。身体が冬を引きずってるから、
具合が悪くなる。早稲田通りは休憩地点が期待できない。
 阿佐ヶ谷を目指す。

 中杉通りに出た。リユース/骨董店が通りに面して在った。入ってみる。
暑くて、お店の名前を確認するのを忘れてしまったけれど、使いやすい
品物が多そうだ。

 さらにJR阿佐ヶ谷駅方向に進むと、ゆたか。書房

 均一台を見ていた男性が入場し、購入。わたしたちも続く。
なつかしい古本のにおいに包まれる。紙衣(パピエ・コレ)展の
小図録(『パピエ・ア・ラ・モード』)、モノクロームの
『新信濃写真風土記 4 里のあかり』なぞ見ていると、リュック
の男性が入店、
 「こないだの『広辞林』、まだある?」と、購入。
 こちらは文庫棚から立川談四楼『シャレのち曇り』(PHP文芸文庫)。
 わたしたちが出た直後にも入っていく男性を目撃。中央線沿線には
本好きが多いのか。

 駅前のビルにある、「ニューシャドー」(ついに入った)で休憩して
電車とバスで戻る。



呪 吐爛腐/呪 心臓亜屁/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2017-04-18 21:12 | 雑録 | Comments(0)


<< (1)立川談四楼『シャレのち曇...      (2)ヒラリー・ウォー/法村里... >>