猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2017年 05月 30日

あきれはてて、あきらめない

e0030187_12543811.jpg












呪 吐爛腐/呪 亜屁沈臓/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/

<「独裁」国家とは、他国との戦争がなくても、国内に敵をつくりだす
 ものだ。国民をたえず監視・弾圧し、「自発的隷従」を好む者だけを
 「一般人」とみなす。増税や福祉削減や過重労働、徴用などで攻めたて、
 だが過労死や自殺、餓死などについては「自己責任」とするだろう。
 危ない。★>
(22:18 - 2017年4月21日)

<レイプも、差別も、いじめも、人格攻撃も、デマも、失言・暴言も、
 はぐらかしやブチキレによるコミュニケーション切断も、海外情報歪曲も、
 すべては底を通じている。独裁「国家」はこのようにして市民を攻めたて、
 誘導し、「くに」を支配しようとする。「自発的隷従」を拒もう。★>
(1:37 - 2017年5月30日)


< 「上」とは警視庁(本庁)の刑事部長であることが後になって判明した。
 『週刊新潮』(5月18日付)によると、刑事部長とは中村格氏で菅官房長官
 の覚えがめでたい。

  中村氏は同誌の取材に「自分が逮捕を中止させた」と認めている。山口氏
 [注:山口敬之]は安倍首相に最も近い記者と目される人物だ。当時刑事部長
 だった中村氏に忖度が働いてもおかしくない。

  山口氏は書類送検されるが不起訴となる。被害者である詩織さんに対する
 検察の説明は奇々怪々だった。「第三者が見ていたか、ビデオがあるか。
 直接的な証拠がなければ起訴できない」。>
(アベ友記者の強姦もみ消し 被害女性「法律やメディアは何を守ろうとして
いるのか」
)


小池 3月1日の参院予算委員会ですよね。私は安倍首相に
 「昭恵夫人と籠池泰典理事長がいつからの知り合いなのか」と
 事実関係を質問しただけなんですが、突然逆上して、「妻は私人だ。
 いちいち、妻をまるで犯罪者扱いするのは不愉快だ」「本当に不愉快
 ですよ」「不愉快ですよ!」と、3回くらい「不愉快」とリピートし
 発言していました。私の方が不愉快でしたけどね(笑)。

 室井 森友問題では、鴻池祥肇議員の口利き疑惑を追及したときも、
 安倍さん、キレてましたよね。

 小池 あのときは鴻池議員の名前を出さずに「ある国会議員の事務所の
 面談記録」として読み上げたんですが、そしたら安倍さんが「あたかも
 私の事務所であるかのごとく印象操作して」と怒り出して……。なんで
 そういうこと言うのかなあと不思議に思っていたんですよ。実際は鴻池
 さんの事務所の面談記録だから、こっちは全然そんなつもりないのに。
 そしたら、翌日発売の「週刊文春」で安倍事務所に出入りしていた人が
 「私が口利きしました」という記事を載せていることがわかって、ああ
 その件と勘違いしていたのかと。逆に、官邸の情報力って意外にたいした
 ことないなと思いましたけどね。

 室井 でも、安倍さんがキレる時って、だいたい追い詰められているとき
 ですよね。そういう意味じゃ、小池さんはキレさせるのがうまい(笑)。
(室井佑月の連載対談「アベを倒したい!」第5回ゲスト 小池晃(前編))

室井 [略]言いづらいですけど、共産党って出しちゃダメでしょ。
 一般の人でひく人いるから。今は安倍政権を倒すため、縁の下の
 力持ちになって、組織力を生かして、24時間体制でテレビやネット、
 そして雑誌を見て、政権批判している人たちを賞賛したり仲間に取り
 込んだりしていかないと。野党全体に言えることですが、ネットや
 マスコミの使い方がヘタすぎると思う。一方の自民党はネットのことを
 すごく研究しているし、芸能人や文化人、評論家も上手く使っていて、
 一緒にご飯なんか食べてるんですよ。それで「もっと重要な問題がある
 だろう、森友なんかやっている場合か!」なんて擁護発言させるわけです。>
(室井佑月の連載対談「アベを倒したい!」第5回ゲスト 小池晃(後編))


 櫻井よしこ、というのがいたなあ。まだいるのか。

< 「私の経験から言うと、櫻井さんは覚悟したように嘘を発信する人です」
 [略]
 小林教授は、かつて櫻井氏とともに日本青年会議所のパネルディスカッション
 に登壇したときのエピソードを例にあげる。そこで櫻井氏は「日本国憲法には、
 『権利』は19か所、『自由』は6か所も出てくるのに、『責任』や『義務』は
 3か所ずつしか出てこない。明らかに権利と義務のバランスが崩れている。
 そのせいで日本人は個人主義になり、バラバラになってしまった」という
 ような主張をしたという。これに対し、小林教授はその場でこう反論した。

  「櫻井さんの主張は間違っています。法律には総論と各論があり、総論は
 全ての各論に適用されます。日本国憲法では、『公共の福祉』を定めた憲法
 12条と13条が総論として、ちゃんと各条が認めた個々の人権全てに制限を
 加えています」

  加えて小林教授は、そもそも憲法は国民の権利を定め国家に義務を課す
 ものだということ、いわゆる国民の三大義務の「納税」「勤労」「教育」
 は国家存続に必要不可欠がゆえに例外的なものであることを説明。つまり、
 櫻井氏が言う“「義務」に比べて「権利」が多すぎる”という主張をはっきり
 と退けたのだ。
 [略]
 小林教授がこの憲法の基本を指摘すると、櫻井氏は「顔面蒼白になって、
 それから目線が合わなくなり、その日は挨拶もせずに帰っていった」と
 言う。ようするにぐうの音も出ずに遁走したらしいのだ。

  だが、櫻井氏は、小林教授から誤りを指摘されて以降も、こうした嘘の
 憲法論を講演会などで繰り返し述べている。小林教授が「私に論破されて
 ギャフンと尻尾を巻いて逃げておきながら、相変わらず確信犯的に同じ誤った
 情報、つまり嘘を垂れ流し続けるのは、無責任かつ不誠実極まりない」と、
 強い言葉で批判するのももっともだろう。>
(改憲派のリーダー・櫻井よしこは「言論人の仮面をかぶった嘘つき」だ!
憲法学者・小林節が対談を捏造されたと告発
)





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2017-05-30 21:21 | 雑録 | Comments(2)
Commented by saheizi-inokori at 2017-05-31 09:25
安倍たちは嘘でないことを語ることがあるのだろうか。
嘘でなければ無茶苦茶、ナンセンスな罵詈雑言や決めつけばかり。
「証人喚問の必要はない」その理由は「必要がない」、とか「勝手なことを言ってるから確認する必要がない」とか。
義務教育を受けているのだろうか。
Commented by byogakudo at 2017-06-01 19:31
批判される度に「オヂイチャマ、ボク、ガンバリマチュ」とか夜空に誓ったりしてて...。気色悪い。


<< (1)谷崎潤一郎『潤一郎ラビリ...      (2)山田風太郎『風山房風呂焚... >>