猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2017年 06月 08日

(1)山田風太郎『秀吉はいつ知ったか』1/3+α

e0030187_14495840.jpg












 発表媒体は様々、書かれた年代も1960年から96年まで。
"歴史"をメイン・テーマにしたエッセイ集だ。

 『II わが鎖国論』の『新貨幣意見』より__

< ヨーロッパ旅行などして、最も頭をナヤますものの一つに
 通貨のことがある。
 [略]
 日本の場合、円一本、というのは単純明快で、はなはだ結構
 である。
  それはいいのだが、問題はそれにゼロがくっつきすぎることで、
 [略]
 国家予算十兆円、なんてことになると、一〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇、
 一見して、数字だか戦前の伏字文学だか、わけのわからんものになる。
  そこで先年来、ひそかに新貨幣の問題が出たりひっこんだりしている。
 いわゆるデノミネーションで、[略]
  ところで、その新貨幣の名称をどうするか、[略]
 「両」「貫」なんて単位が復活するかもしれない。一万円を一両として、
 不貞の慰謝料七両二分、なんてのも悪くない。
 [略]
  このごろ[注:初出は「小説宝石」1968年11月号]日本の近隣諸国
 などが援助を申し込んで、日本政府がシブチンをきめこむと「日本には
 誠意がない」とがなりたてて、たちまち漁船などをつかまえはじめる。
 [略]
  誠意、すなわち金のことではないか、[略]
  どうでしょう、新貨幣の名称を「誠意」としたら? [略]
 フランスの金にも一スー(五サンチーム)という銅貨がある。セイー、
 おかしくないじゃありませんか。
  「月給をあげろ、もう三十誠意をよこせ」
 [略]
  「五十誠意ならホテルへいっていいけれど......」
 [略]
  「某代議士、百万誠意を収賄」>
(p64-66)


     (山田風太郎『秀吉はいつ知ったか』
     ちくま文庫 2015初 帯 J)



呪 吐爛腐/呪 亜屁沈臓/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/

<【森ゆうこ!】「答えて下さい!こんなの行政じゃない!
これで国民が納得するというんですか!見せましょうか?
今治の資料全部」
 委員長「時間が過ぎております」
 森「動かぬ証拠!~お開きだよ こんなの!」>
(23:43 - 2017年6月7日)





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2017-06-08 20:52 | 読書ノート | Comments(0)


<< 精神衛生のために+α      カレル・チャペック/石川達夫 ... >>