猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2017年 06月 13日

自己愛から他罰へ/日本人は変わらない、?

e0030187_2111487.jpg












<ネット中傷では、被害者を追い詰める基本の三段活用があります。
 一度疑われてしまうと、最初は『事実無根を証明しろ』なんです。
 そしてそれを否定したら次は『火の無い所に煙は立たない』。
 そして最後は『死んで証明しろ』『死ね』ーー。これで、だいたい
 皆追い詰められてしまいます>

<僕の場合、まず匿名の集団が敵だった。そして、それを煽ったのが
 元警察官だったわけです。本が出版されたあと、警察に行っても、
 『その元警官って誰? あんたが調べてきなよ』って言われる。
 もう敵ばかりで、誰が味方なのか分からなくなってしまった。>

<『ネットを見なければいい』『気にしなければいい』と、必ず言わ
 れる言葉なんです。でも、万が一、僕と一緒に住んでいる彼女や
 家族が本当に殺されてしまった場合には、僕の落ち度になるん
 ですよ。ネットでの脅迫を知っていたのにもかかわらず放置した、
 として>

 ネット中傷の三段活用…最後は「死んで証明しろ」
【スマイリーキクチさん・上】



<――中傷の書き込みを続けていた人たちが「スマイリーキクチは
 殺人犯だ」という根拠のない話を真実だと信じきって拡散したり
 攻撃したりする感覚も分からなかったのですが。

 捕まった19名のうち18名は、書き込んだ理由を『正義感だった』
 と話していました。要するに、僕のことを殺人犯だと本気で思い
 込んで書いていた。そして、自分たちは間違った情報に騙された
 被害者だ、というわけですね>

<ネットのデマは裏は取れないし、裏が取れないからこそ、真実の
 ように情報が一人歩きするんですよね。デマのわかりやすい特徴は、
 証拠も裏付けもない。だから逆に信じるんです。いくら僕が事実
 無根を証明しても、書かれたことが事実であると信じてしまう。>

<――19人のうち 18人が「正義感」からの犯行だったとのことですが、
 残りの1人の動機は何だったのでしょう。

 『祭り』みたいな感覚で遊びでやっていたそうです。僕のことを脅迫や
 中傷をしていた人間が、事件の加害者と同じような感情を持っているな
 と思ったんです。抵抗できない人間に対して集団で襲いかかるわけです
 から。>

 中傷被害を乗り越え「ネットの力をプラスに活かしたい」
【スマイリーキクチさん・下】



 敗戦後の街頭インタヴューで、「わたしたちは軍部に騙されていた」
と語った人の子孫が、共謀罪に無関心で、法案の議会通過を無言で
承認する。その当人あるいは子孫が後に、「知らなかった、騙されて
いた」と述懐する。

 強姦被害者が未だに「スキがあったからだ」と他罰愛(?)に発する
自己責任を押しつけられるように、web上で中傷される被害者は自己
責任を強要される。

 貧困が排外主義を生むのかと考えていたが、おそらく違う。貧困への
"怖れ"が排外主義になる。
 中国人は嫌いだけど台湾人は好きと、無邪気に(?)言ってのける人も、
在日の人たちが生活保護費をだまし取っていると言う人も、貧苦に喘いで
いなかった。
 ゆるやかなファシズムの雲の中で発せられる言説。


<乱世は信念を作らない。信念を作るのは、乱世に処する詩心である。
 『現代日本私注』>
(加藤周一bot 20:35 - 2017年6月12日)

<どういう価値を優先するか、その根拠はなぜかということを考える
 ために必要なのが教養です。それがないと、目的のない能率だけの
 社会になってしまうでしょう『教養の再生のために』>
(加藤周一bot 18:35 - 2017年6月12日)

<国の場合に限らず、その対象が何であっても-神でも、人でも、
 樫の木でも菩提樹でも、すみれでも野ばらでも、「愛」は外から
 強制されないものであり、計画され、訓練され、教育されるもので
 さえない「愛国心について」『夕陽妄語8』>
(加藤周一bot 15:35 - 2017年6月12日)



呪 吐爛腐/呪 亜屁沈臓/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2017-06-13 19:39 | 雑録 | Comments(0)


<< 東松原でリハビろうとする      夢と香り__親密性(遁走性/再現性) >>