猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2017年 06月 23日

(2)ドロシイ・セイヤーズ/松下祥子 訳『箱の中の書類』読了

e0030187_2235216.jpg












~6月22日より続く

 風俗の背景にあるのはフロイトとアインシュタイン、それに
ダーウィンだ。モダーン最先端の登場人物たちなので、彼らは
一様に科学精神に惹かれる。会話も思考も、つい、その方面に
流れる。

 小説の舞台が1930年直前に取られている。技術的に大量殺人が
可能になった第一次大戦の後遺症で、科学が新しい神として地上に
君臨しようとする時代だ。
 (ポストモダーンって、たんに近代の延長に過ぎないじゃないかと、
いつもの悪態をつきたくなる。)

 作家が恋人(彼女も小説家)に宛てた手紙で、ミセス・ハリソン
(若い後妻)を分析してみせる。

<彼女は同時に二つのまったく相反する方向で芝居ができる。まるで
 ヴィクトリア朝の時代精神みたいだな。ある生き方が現代的ですてきだ
 と思えば、即座にそれを自分のものにする。そこに嘘はないんだ。現代
 女性はキャリアに精神的満足を見出す、と"新聞記事で"読めば、彼女は
 もうその女になりきっている。
 [略]
 ところが、人格形成には"完全な肉体生活"が必要だ、とでも読めば、
 彼女は挫折した母性的な女性で、子供がいさえすれば問題はなくなる
 ってことになる。はたまた、自分は"偉大なる娼婦"だと頭に描けば、
 顔をのぞかせるだけで、そびえたつトロイの塔を焼き落とせると信じ
 込む。そういう具合さ。彼女の真の姿は何なのか、
 [略]
 この演技力に、ものすごい活力と、よくコントロールされていない知力が
 加わると、なかなかの見ものだってこと。もし彼女がこういう役の一つを
 本気にしてくれる相手を見つけたら、たぶん見事に演じきって生きていく
 だろう__まあ、一生涯は無理としても、大したドラマだと感心させる
 くらいは続くよ。残念ながら、ハリソン[注:中年の夫、電気技師]はいい
 観客ではない。すばらしいと思っても拍手はしないから、演じるほうは
 がっかりだ。>
(p42下段~p43上段)

__フェミニズムの曙を、その未成熟さをよく知る(であろう)女性作家
(セイヤーズ)が、登場人物たる男性作家の口を借りて語る。

 第一次世界大戦のアプレゲールたちの物語、と読んだ。ディスカッション
小説としても楽しい。


     (ドロシイ・セイヤーズ/松下祥子 訳『箱の中の書類』
     HPB 2004再 VJ)


 昨日に続いて今日も(朝10時過ぎに出かけた)、阿佐ヶ谷・
千章堂書店へ。まっしぐらに行き、まっしぐらに戻ってくる。
 店頭の河出文庫・久生十蘭の残り、『十蘭万華鏡』『十蘭
レトリカ』『十蘭錬金術』『十蘭ビブリオマーヌ』『十蘭ラスト
傑作選』をさらう。
 『久生十蘭ジュラネスク』は持っているから、これで『コレク
シォン・ジュラネスク』、全冊揃い。




呪 亜屁沈臓/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/呪 吐爛腐/

 安倍晋三や稲田朋美は、どの面下げて沖縄「慰霊の日」追悼式に
出席できるのか。

 私立高校無償化は本当に公明党の言う通り、共産党の「実績横取り」
なのか? 都議会の議事録を調べてみた。


 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2017-06-23 15:37 | 読書ノート | Comments(0)


<< ハードでなければ/ジェントルで...      (1)ドロシイ・セイヤーズ/松... >>