猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2017年 06月 26日

(2)松葉一清『集合住宅__二〇世紀のユートピア』読了

e0030187_21122456.jpg












~6月11日より続く

 資本主義には、その構造上、貧富の差がつきまとう。
 少数の誰かが勝てば、大多数の"敗者"(とまでは行かない
としても、順々に階層差異のある大衆)が出現する。
 貧困層を放っておくと、恨みつらみが重なり、社会不安
が増大する。持てる側も寝覚めが悪いって意識を、クリス
チャンでなくても感じるだろう。もし資本主義社会を維持
してゆきたいのなら、緩和材が必要だ。

 広く見れば、社会保障制度だが、話を住宅に限れば、会社
だったら、たとえば三菱の福利厚生としての軍艦島の労働者
用・集合住宅。フランクフルトやウィーン、アムステルダムの
行政府による低所得者用・集合住宅団地(その影響で作られた
同潤会アパートメント)、キリスト教の慈善意識に発する、
ロスチャイルド財団などのパリ郊外の集合住宅団地等々がある。

 著者はそれらを実地に訪れ、考察する。ヨーロッパで20世紀
初めに構想され、建てられた集合住宅団地(ジードルンク)が
現在も残っているのか、使われているのか。

 ヨーロッパに於いては住み手が変わり、新たな低所得者層で
ある移民たちの住居になったりもしているが、1920-30年代
に作られた集合住宅が現役で使われている。愛されて住まわれ
ている。
 外からやってきた観察者である松葉一清にも住民が誇らしげに、
あそこは見たか、ここは見たか、と聞いてくる。

<街路で囲まれた都市のなかのひとつの区画を「タウンブロック」
 と呼ぶ。そのタウンブロックを複数まとめてひとつの敷地として
 扱うのが「スーパーブロック」である>(p105)
そうだが、この複数ブロックの集合により、中庭が出現する。

 ウィーンの集合住宅団地、「カール・マルクス・ホフ」等を
例に上げて__

<ウィーンにおいて驚くのは、中庭を閉ざしているところはどこ
 にもなかったことだ。パリなどでは昔の写真では解放されていて
 都市の街頭とつながっていたはずの集合住宅の多くがゲートを
 閉め切ってしまっている。物騒な世相だから、無理からぬこと
 なのだが、建築家や設置者である公共体の開かれた都市住居
 という初志は断ち切られつつある。
 [略]
 ドイツの集合住宅の多くは[略]敷地内に園芸や家庭菜園のための
 小土地が住民のために確保されている。[略]住民たちは近隣と
 競い合うように、芝生を植え、子どもの遊具も置いて、賃貸住宅で
 ありながらあたかも「小土地所有者」の感覚を持つことができる。
  一方、ウィーンの住民は、敷地内の屋外空間のほとんどすべてが
 公共として扱われているために、そのような「持てる階級」の幻想
 を初めから抱けないようになっている。
 [略]
 ウィーンの社会民主党市政と建築家たちは、共有空間のスケール
 感を住民全員で共有する、つまり、集住しているがゆえに味わえる
 「スーパーブロック」にこだわったと見なせよう。それはまた集合
 住宅を教材とする、労働者階層の都市居住の「行儀」を啓蒙する
 選択であり、そのことが功を奏した結果を、わたしは実感する。>
(p120-121『第3章 赤いウィーン』)

 居は気を移すってフレーズもある。いまは慣れたが、住宅地の中の
アパートメントに越してきた当初、三階建て・戸建て住宅(1階は必ず
駐車場)が並ぶ近所を歩く度に、プチブル的所有の観念が伝わって
きて居心地悪かった。
 戸建て信仰は、戦後、お金がなかった政府が"持ち家政策"を進めた
せいだろうか。八田利也『現代建築愚作論』(日本のビート文学でも
ある)を買い直して読もうかな。

 それはともかく、YouTubeやTwitterを見ていると"共有する"って、
よく出てくる。資本の支配下で共有させられること、だろうか?
 私有しないことが即、開かれた共有になる訳ではない。

 日本のジードルンク(?)、同潤会アパートメントは使われた素材の
問題や、メインテナンス(本書の表記は"メインテナンス"!)意識の
欠如により、そして日本の土地本位制により(これがいちばんの理由
ではないだろうか?)、すべて壊された。
 日々、廃墟化が進む、生きている廃墟・軍艦島が残った、残っている。

 ジードルンクを訪ねるヨーロッパ・ツアーがあるなら、ぜひ参加したい
と思わせる一冊だ。


     (松葉一清『集合住宅__二〇世紀のユートピア』
     ちくま新書 2016初 帯 J)

6月27日に続く~



呪 吐爛腐/呪 亜屁沈臓/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2017-06-26 22:56 | 読書ノート | Comments(0)


<< (3)松葉一清『集合住宅』から...      蓮実重臣さん >>