猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2017年 06月 28日

(2)山口由美『箱根富士屋ホテル物語』半分弱

e0030187_2056550.jpg













~6月27日より続く

 以前(2015年1月31日)読んだ『クラシックホテルが語る昭和史』
はクラシックホテルを舞台にした"昭和史"だが、こちらはホテル本体
の歴史だ。

 日本の評伝はどうも遠慮しいしい書かれているのが多い、という
ようなことを読んだはずだけど、どこで読んだのだったか。
 ドナルド・キーン『私の好きな場所』だ!

< 伝記は、文学でありながら歴史でもあります。或いは歴史であり
 ながら文学でもあるというべきかも知れません。もともと原始的な
 伝記には、大体死んだ人の評価が出ています。
 [略]
  中国やヨーロッパには古代から伝記がありました。
 [略]
 『平家物語』を平清盛の伝記として読めないこともありませんが、
 [略][注:清盛の]肖像画というより漫画に近いものです。
 [略]
 今でも伝記らしい伝記は、日本では不思議に少ないのです。本屋で
 伝記のコーナーがあったら、大抵どこそこ株式会社の社長についての
 伝記です。>(p123-125『II 文学と歴史の境界線を越えて』)

 遺族や関係者に忖度する(?)気配が小野幸恵「焼け跡の『白鳥の湖』」
にも感じられたのを思い出す。

 『箱根富士屋ホテル物語』の良さは、著者が血縁の関係者であることが
有利に働いた例であろう。曾祖父・山口仙之助の過去について、いわば
身内だから踏み込める考察を行なう。

 『富士屋ホテル八十年史』には、山口仙之助がアメリカに行ったとき、
岩倉使節団の一行と同じ船だったという記述がある。NHKの番組『歴史
発見』の「前途洋々・維新留学生岩倉使節団の若者たち」では、
<唯一の平民留学生という扱い>(p18『I 箱根山に王国を築く__
仙之助』)だったと紹介される。

 だがこれには研究者から異論が出る。著者は研究者を訪ね、いろいろ
資料を当ってみた結果、仙之助が岩倉使節団の従者のひとりであること
は証明できない、と結論する。

<しかし、そうだったとしても、私は彼が使節団の存在を意識し、そこに
 加わることを切望していたような気がする。
 [略]
 どこかで使節団同航の留学生と接触し、一緒に写真を撮った仙之助が、
 彼らの立場に自分をだぶらせたとしても納得できる。
 [略]
 岩倉使節団というものが仙之助の青春の原点には存在していた。そして、
 そこから、すべての彼の夢と野望は始まったのに違いない。>
(p29-30『I 箱根山に王国を築く__仙之助』)
 

     (山口由美『箱根富士屋ホテル物語』
     小学館文庫 2015初 帯 J)

6月29日に続く~



呪 亜屁沈臓/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/呪 吐爛腐/

 安倍晋三稲田朋美も中学校で、三権分立を習わなかったに
違いない。授業はあったが、理解力・記憶力のない子供だった
ので記憶していないのか。そんな頭で、稲田朋美は弁護士資格
を持つのだ。おぞましい。
 元文科相・下村博文は、加計学園から200万円違法献金の疑い
が露わになった。

 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2017-06-28 20:01 | 読書ノート | Comments(0)


<< (3)山口由美『箱根富士屋ホテ...      (3)松葉一清『集合住宅』から... >>