猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2017年 07月 10日

(1)種村季弘「雨の日はソファで散歩』半分強

e0030187_21123293.jpg








 今日も朝から暑い。日射しが威嚇的に強烈だ。九州北部で
豪雨に襲われた人々が避難している体育館にはエアコンがない
参議院・閉会中審査「加計学園」問題質疑を逃げた安倍晋三が
明日、帰ってきて、防災服姿で記者会見するのか。

 種村季弘が
<生前自ら編んだ、最後のエッセイ集>(p252 桑原茂夫『あとがき』)
の『寺のない町』(『III 雨の日はソファで散歩篇』)から引用。

< 大松さん[注:種村が子どものころの近所のお坊さん]はお説教は
 しなかった。ただニコニコ笑っているだけだった。問題児だった
 わたしが理髪店や歯医者に行きたくないので路上で母に駄々を
 こねているのをみつけると、さりげなく頭をなでてニコニコ笑顔を
 浮かべている。それだけ。だがそれだけでこちらの不安や恐怖を
 水に流してしまうふしぎな笑顔だった。
  大松さんも[略]しかるべきお寺で修業を積んだことがあるのだろう。
 教学もしっかり身につけておられたのだろう。しかしそんな気配は
 露ほども見せたことはない。教養やことばを通じて人を説教するの
 ではなかった。じかに身体や表情を使って意のあるところを伝える。
 いや、伝わらなくてもかまわない。
 [略]
 妙好人(みょうこうにん)のように、教典や教義の媒介なしに直接ジカに
 仏の声を耳にして自足する、得もいわれぬ法悦にたえまなく浴している
 人のようだった。>(p129-130)

 まだ葬式仏教になる前、
<ただ法事を済ませお経を読んで、はいさよならではない。家族の
 進学問題、親子や兄弟姉妹間の葛藤、偏屈な性格の問題児(わが家
 ではもっぱらわたし)の扱いまで、何事につけ相談に乗ってくれる>
(p128)
お坊さんがいた、むかしむかしの話である。


     (種村季弘「雨の日はソファで散歩』 ちくま文庫 2010初 J)

7月11日に続く~



呪 亜屁沈臓/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/呪 吐爛腐/

 今朝の「東京新聞」1面の見出しは
<「共謀罪」法 あす施行>である。
 そして同日の12面は"全面広告"で、
上は「第44回 現代舞踊展」であるが、
その下を、上段より広く「政府公報|内閣府」による、
<国際PKOへの参加を通じ、世界平和に貢献しています。
 __世界の笑顔のために__>という広告が占める。

 PKO活動地点を示した世界地図の下に、
<日本はこれまでに、国際平和協力法の下で、延べ12,500人の
 要員を派遣してきました。>。
 下段左にアントニオ・グテーレス国連事務総長のメッセージ、
右が
<今後も「積極的平和主義」の旗を高く掲げ、貢献を続けていきます。
 国際平和協力本部長 内閣総理大臣 安倍晋三>のメッセージ。

 いちばん下に、
<詳しくは▷国際平和協力本部事務局ホームページ PKO検索>。

 「東京新聞」の記者たちと営業部とはスタンスが違う、ということか?


 南スーダンの戦闘日報は廃棄されたといいながら(【全文】自衛隊は
南スーダンで「戦闘」していたのか。黒塗りの日報、公開します
)、
メディア対策に税金を投じる(政府広報費は民主党政権の2倍、メディア
押さえ込む効果
)。
 都合が悪くなると、綻びを繕うどころか綻びがなかったことにする
行政文書のルール変更を検討 歴史を冒涜している暗黒政権(日刊ゲンダイ))、
近代の日本史上、最低の安倍晋三・独裁政権だ。
 わたしは法治国家に住みたい。


 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2017-07-10 19:32 | 読書ノート | Comments(0)


<< (2)種村季弘「雨の日はソファ...      EP-4ライヴ@六本木Supe... >>