猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2017年 07月 15日

(3)久生十蘭『十蘭万華鏡』読了

e0030187_1955070.jpg













 写真は近所の猫さんたち。フレーム外だが、右側にもう一匹、
キジトラがいた。時分時なので、わたしたちからエサが貰えるか
と近づいてくるが、持ってない。ごめんなさい。

~7月14日より続く

 地に足がつかないのが男だ。そういう男の属性を表象するために、
彼の職業をパイロットにしよう。(女は否応なく地に足がつく。彼女を
移動させるには、歩行以外に何がいいかとヒッチコックは考えて、車を
運転させるのだろうか? 助手席に男を乗せれば、"家庭"のメタファー
にもなる。)

 『天国の登り口』、主人公はもうすぐ40歳になろうという老兵、川島
整曹長。
<十六歳で海兵団に志願した。[略]すぐ航空廠に入れられ、
 [略]
 実施部隊に配属された。二十二年間も海軍にいると、もう苔のついた
 立派な職業で、これ以外の生活は考えることもできない。>(p212-213)

 軍隊の規律、つねに上官からの命令を受けての行動。それが彼に
とっての日常だ。
 物語はマイコールの前進基地に落下傘降下で行くよう、命令された
主人公がためらいながら降下するシーンから始まる。

<肥りかけて身体が重くなり、こういう運動には適さない状態になって
 いる。落下傘で飛びおりるのは今日が最初だ。>(p204)

 しかし、やっとのことで降りた基地は無人である。機関砲や機銃は砲座
だけ残り、だが工作機具や材料はそのままだ。米や缶詰もたっぷり備蓄
されているが、入江に置かれた飛行機は壊れていて使い物にならない。

<どこにも銃痕や焼けたところがない。翼のよじれや、クラッチの歪みや、
 変形した弁の壊れかたなどを観察すると、ハンマーか何かで潰したの
 ではないかと思われるようなふしがあった。>(p209)

 まるで漂流譚、いや、冒頭の落下傘降下に記された通り、彼は軍隊という
日常/楽園から追放されたのである。
 けれども軍隊を疑う頭を持たない彼は、撤収なら、なぜ食糧や燃料がある
のか、きっと次便で別の部隊がやってくるだろうと、合理化して待機する。

 ひと月経つ。基地は廃墟化が進行する。南洋の海辺の見捨てられた基地は
植物に覆い尽くされそうになる。読んでいると、どうしてもJ・G・バラード
を思い出す、文体はちがっても。

< 浜菅(はますげ)のような剛(つよ)いランラン草が陣地のあとに入りこみ、
 一と月のうちに銃座を埋めつくしてしまった。アビトンの林の奥の医務室は、
 ロダンゴの蔓にからみつかれ、あっけなく倒壊した。兵員室の前の泥地には
 マングローブが四方から進出してきて、わずかの間に半分ほどの広さになった。
 二年も経ったら、この基地はむかしの原生林のすがたにかえってしまうのだろう。
 主計倉庫のなかで、米はすごい勢いで芽をだし、鑵詰の鑵がふくれて、毎日の
 ように破裂している。>(p215)

 いよいよ、ひとりで見捨てられたまま死ぬ可能性を自覚したころ、夢に
妻の声を聴く。彼は技術があり、道具や材料もあるのだから、廃材から
飛行機を作ればいいのに、と。

 さらにひと月経ったころ、インドネシアの漁船が島にやってきた。指揮を
執る若い隊長の顔に見覚えがある。

< 「整備で使っていたセガルのようだが」と思いながら見ていた。>
(p218)

 徴用していたセガルは、じつはアンボイナの侯王(スフナン)だと名乗り、
川島整曹長はようやく、もう自分の戦争がないことを知る。軍隊組織以外
の日常を持たない彼は、インドネシア独立運動に参加すること、新しい上官
としてセガルに仕えることを選ぶ。

<せいぜいパイロットぐらいのところで追い使われるのだろうが、戦争にさえ
 くっついていれば、食いはぐれることはまずないのだ。>(p225)

 飛行機を整備し、後部座席に上官・セガルを乗せ、主人公はふたたび楽園/
日常を目指すが、失墜、追放されて物語が終る。

 男と飛行機が出てくる短篇、『大竜巻』『天国の登り口』『雲の小径』は、
男たちが冥界に誘われる物語だ。男らしい、久生十蘭らしい、男の世界。


     (久生十蘭『十蘭万華鏡』 河出文庫 2011初 J)



呪 亜屁沈臓/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/呪 吐爛腐/

 東京新聞・望月衣塑子記者が語る、安倍政権の裏側――記者がスパイのように……

 「共謀罪」法施行 警察監視の独立機関が必要 法律家ら提言

 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2017-07-15 14:57 | 読書ノート | Comments(0)


<< 空間現代ライヴ「オルガン」@六...      (2)久生十蘭『十蘭万華鏡』まだまだ >>