猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2017年 07月 25日

(2)岡本綺堂『綺堂随筆 江戸っ子の身の上』半分ほど

e0030187_14201970.jpg












~7月24日より続く

 岡本綺堂は漢文と英語で、彼の日本語をつくってきた/
生きたのだろう。

 『半七捕物帳』や『情話』『怪談』などの小説ではあまり
英語のひととは感じなかったが__例外は『三つの声』と
いうタイトルだったか『半七』に入っていた短篇が、英語の
ミステリの翻案かしらと思うくらい、すっきりした本格推理
だった__、随筆では、かなり英文脈のにおいのするものが
見られる。

 初出不明の『正月の思い出』は、明治28年(1895年)の
お正月のできごとが記されているので、それ以降に書かれた
としか分からないが、綺堂の麹町一番町に住む叔父が、明治
27年(1894年)の末、12月30日に死亡した。

 いまでも年末年始は世の中の動きがスローだが、むかしは
全国的・全面的にオフだ。
 死去の知らせをするにも、大晦日に死亡通知の葉書を印刷して
くれる印刷所なぞない。電話は普通の家庭にはまだ存在しない。
特に親しいひとへ電報を打つしかできなかった。

 迎えて元旦。まだ年賀状も存在しないから、直接、新年の挨拶を
述べにくる客毎に、
<「実は......」と打ち明けなければならない。
 祝儀と悔みがごっちゃに>(p42)
なった会話を繰り返す。

 1月2日午前10時、青山墓地で葬儀がある。
<途中葬列を廃さないのがその当時の習慣であるから、
 私たちは番町から青山まで徒歩で送って行く。>(p43)
 近所の人その他、合わせて50〜60人の葬列になった。

 ときはまさに日清戦争の戦捷気分のさなかである。それで
なくてもお正月は、のどかに晴れやか・賑やかなのに、街は
もはや、ドンチャン騒ぎになっている。
 その喧噪・混雑の中を潜りぬけて進む、黒い暗い葬列。

 明暗対比するありさまが交互に、落着いたタッチで述べられるので、
悲しい話なのに、おかしみがこみ上げる。そのまま英訳しても通じる
文体だろう(落語の演じ方でもあるだろうが)。

     (岡本綺堂『綺堂随筆 江戸っ子の身の上』 河出文庫 2003初 J)

7月26日に続く~



<そもそも、とか、まさに、とか、いわば、とか、わけであります、とか、
 本来の使い方を逸脱しすぎていて、しかも文節でないところで切るので、
 日本語の体をなしていない。忍耐をもってようやく聞き取っても、内容は
 空疎、思想は薄弱。その虚しさに疲れる>
(1:41 - 2017年7月24日)

呪 亜屁沈臓/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/呪 吐爛腐/

 「共謀罪」法施行 警察監視の独立機関が必要 法律家ら提言

 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2017-07-25 16:26 | 読書ノート | Comments(0)


<< (3)岡本綺堂『綺堂随筆 江戸...      『パノラマニア十蘭』を中断して... >>