猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2017年 07月 26日

(3)岡本綺堂『綺堂随筆 江戸っ子の身の上』今日中に読了

e0030187_22244390.jpg













~7月25日より続く

 明治末から昭和初年にかけて書かれた随筆が収録されて
いるが、岡本綺堂の社会的弱者("弱者"って厭な言葉だが、
差し当たって置き換えるべき名詞を思いつかない)に対する
姿勢は一貫している。
 その当時の世間からは低く見られる人々に対して、注意深く
共感的なまなざしを注ぐ。

 初出不明の『葉桜まで』は、上州の温泉宿の女中たちについて
詳しく書かれる。

 脚気持ちのお鶴さんは、自分の嫁入り衣装代を稼ぐために、
初めての職場にやってきたが、脚気が悪化して実家に戻って
養生することになる。

 長年、宿に勤めているお秋さんは、
<無暗にげらげら笑うのが彼女の癖で、>(p193)
悪気はないとわかっていても、ときどき相手にするのに疲れるが、
何の苦労もなさそうに見える彼女は、じつは夏に療治に来ていた
医学生がまた訪れてくれるのを待ち続けている。

 気の荒いお国さんは、朋輩との折り合いが悪いことに加えて、
湯治客のお金を盗んだ疑いがかかり、辞める破目になる。
 家が貧乏なので、実の母から、女中でなければ、だるま屋で
稼げと言われている。
 実家に戻ってから料理屋(?)勤めをしたが、堪えられず温泉宿
に舞い戻り、また雇ってくれと頼む。無断で料理屋(か達磨屋)を
飛び出してきたので、いずれ連れ戻されるだろう。

 警官と結婚しているお仲さんは、出張中の夫に黙って奉公したが、
すぐに夫に連れ戻された。

 桜が咲き、散って葉桜になるまでの逗留期間に出会った4人の女中の
話が、綴られる。
 湯治客向けの質素な宿の、美人ではない女中たちの動向を、こんなに
丁寧に観察する作家も珍しいのではないかしら。

 大正2年(1913年)初出の『仙台五色筆』では、紅連尼(こうれんに)
の物語について語る。

 親同士が結婚を決めたが、夫になるべき息子が急死してしまう。娘の
ほうは何も知らずに象潟から嫁いでくる。

<わが子の果敢(はか)なくなったことを語って、娘を象潟へ送り還そうと
 したが、娘はどうしても肯(き)かなかった。たとい夫たるべき人に一度も
 対面したことも無く、又その人が已にこの世にあらずとも、一旦親と親と
 が約束したからには、妾(わたし)はこの家の嫁である。
 [略]
 私はこんな話を聞くと、戦栗(みぶるい)するほどに怖しく感じられて
 ならない。私は決してこの娘を非難しようとは思わない。寧ろ世間の
 人並に健気な娘だと褒めてやりたい。而もこの可憐な娘を駆って所謂
 「健気な娘」たらしめた、その時代の教えというものが怖しい。
  子を亡った掃部夫婦も矢はりその時代の人であった。究意(つまり)は
 その願に任せて、夫の無い嫁を我家に止めて置いたが、これに婿を迎える
 という考慮(かんがえ)もなかったらしい。>(p143)

__そうして夫婦の死後、嫁に来た娘は尼になった。

 船旅で知ったイギリス人の老婦人にも、綺堂は同情する。彼女は実家が
破産してインド人男性と結婚したので、同階級の人々から相手にされない。
(p187 初出不明『秋』)

 昭和7年(1932年)から8年(1933年)初出の『苦力と支那兵』では、

<苦力といえば、最も下等な人間で、横着で、狡猾で、吝嗇(りんしょく)で、
 不潔で、殆(ほとん)ど始末の付かない者のように認められているらしいが、
 必ずしもそんな人間ばかりで無いと云うことを、私の実験によって語りたい
 と思うのである。>(p176)

 社会的地位が低い人間に対するこのような細やかな見方は、どこに由来
するのだろう。ところを得られないと分かっている旧幕臣系の男たちが皆、
こんな感受性とは思えない。


     (岡本綺堂『綺堂随筆 江戸っ子の身の上』 河出文庫 2003初 J)



<【生命維持装置】
 「株価高くて気持ちいい」から「株価下がれば内閣崩壊」となったアベの
 ため、クロダ日銀は2日続けて707億円のETF買い。14兆円をこえ、
 もう続かないという日銀内、東証内の悲鳴も無視だ。このツケを一体誰に
 払わせるのか。https://goo.gl/HTpgGa >
(20:40 - 2017年7月25日)

呪 亜屁沈臓/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/呪 吐爛腐/

 「共謀罪」法施行 警察監視の独立機関が必要 法律家ら提言

 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2017-07-26 16:56 | 読書ノート | Comments(0)


<< ひとりで阿佐ヶ谷へ(2017/...      (2)岡本綺堂『綺堂随筆 江戸... >>