猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2017年 07月 27日

ひとりで阿佐ヶ谷へ(2017/07/27)

e0030187_17334536.jpg













 Sが少し不調なので、ひとりで阿佐ヶ谷へジャムを買いに行く。
近所に輸入食品店がないからだ。わたしはジャムやマーマレード
に関して日本製を信頼しない。甘さ控えめで健康にいいでしょと、
言われているようで不満だ。安い外国製のジャム類は、しっかり
味がする。
 高級輸入食品も困る。カルディが扱う程度が、買える値段で望ま
しいのだが、近くのカルディというと、バスで永福町に行くか、
阿佐ヶ谷・荻窪を目指すかになる。阿佐ヶ谷・荻窪なら、その周囲
に古本屋が存る。

 2pm前にJR阿佐ヶ谷駅着。千章堂に30分強、滞在して、店頭で
安部公房『死に急ぐ鯨たち』(新潮文庫)、里見弴『極楽とんぼ』
(岩波文庫)、中で丹生谷貴志『ドゥルーズ・映画・フーコー』
(青土社)。

 日が照ってないと表を歩くのも気が楽だ。
 あれ、ネオ書房は、お休み? 外の均一棚が青いシートでくるまれて
いる。

 コンコ堂の均一棚から末井昭『素敵なダイナマイトスキャンダル』
(ちくま文庫)、店内で都筑道夫『猫の舌に釘をうて』(光文社文庫)。
 都筑道夫は昔かなり読んでいるので、光文社文庫版の『都筑道夫
コレクション』に興味がなかったが、つい最近、この版に『哀愁新宿
円舞曲』が入っていると知った。
 たぶん、新宿・青線地帯に下宿していたころの物語だろう、『東京
夢幻図絵』の戦後版みたような短篇集らしいが、なかなかぶつから
なかった。
 20分ほど滞在、『フランク・ザッパ自伝』に心を残しながら去る。
コンコ堂では『ジョン・クリーズ自伝』も買いそびれたなあ。

 2:45pmころ、ネオ書房の店内に灯りが見える。3pm開店なのか。

 忘れずにジャムも買って部屋に戻ったら、3pmに蓮舫が民進党・
党首を辞任したというニュースがあったそうな。



<結局、日本の政治はスキャンダルでしか変わらなかった。
 日本ペンクラブは言論・表現の自由を訴え、大変な思いをした
 歴史を抱えながら、政府あるいは権力を批判してきた。だけど、
 日本は理念で変わった例がない。それは権力観がないからなんです。
 こんな社会ってない。フィリピンでは民主化革命が起き、香港では
 雨傘革命が起きた。いずれも理念に基づいたものでしょう。日本には
 権力観がないから、権力の思惑を考えず、共謀罪法のような悪法を
 簡単に通してしまうんです。>
(吉岡忍氏が語る安倍政権と共謀罪 「日本は権力観が欠落」)

呪 亜屁沈臓/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/呪 吐爛腐/

 「共謀罪」法施行 警察監視の独立機関が必要 法律家ら提言

 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2017-07-27 20:41 | 雑録 | Comments(0)


<< (1)都筑道夫『哀愁新宿円舞曲...      (3)岡本綺堂『綺堂随筆 江戸... >>