猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2017年 07月 28日

(1)都筑道夫『哀愁新宿円舞曲』を読んでいる

e0030187_18514525.jpg













 『東京夢幻図絵』は戦前の東京風景を描いた連作短篇
ミステリ集だが、『哀愁新宿円舞曲』は昭和30年(1955年)
前後の新宿が舞台の、ミステリというより情話集だ。あのころ
の新宿への郷愁に満ちる。

 『娼婦の町』や『歌舞伎町夜景』は、娼婦群像だ。足を洗って
その後おだやかに過ごしている例も、たまにあるようだが、
大抵は疲れ果てて哀れな末路だ。

 哀れなのは女たちだけではない。いまのソープランド、当時の
トルコ風呂に行った男の話も哀れである。
 『トルコ・コーヒー』の主人公は気弱な中年会社員だ。

< やたらに人見知りをするたちで、[略]ひと前では意見も
 のべられない。[略]いつもよりよけいに酒を飲んでも、安直な
 飲屋のすみで、子どものころの流行歌を、はた迷惑にならない
 ように、口ずさむのがせいぜい>(p298)

__そんな男に、たまたま妻の知り得ないお金が入った。たまたま
電車の窓からトルコ風呂のネオンサインが目に入った。
 勇躍、登楼したが、彼についた若い女が、どうも初手から調子が
おかしい。

 動作が妙におそい。何か言って
<笑顔になるまでに妙に手間がかかった>(p296)りする。
<あまり、まばたきをしないのと、短い言葉に甘ったるい節が
 つくのが、ちょっと気になっただけ>(p302)だが、
彼女の動作はさらに緩慢になる。

 彼の浸かっている湯に入ってきて、そのまま沈みそうになるので、
抱えて浴槽を出る。ますます身体に力が入らなくなり、倒れて頭を
打ちそうになるところを、危うく支えてやる。
 彼女は普通のひとの時間速度ではなく、麻薬時間の速度で生きて
いるらしい。
 何かしてもらうために入湯料を払ったのに、身体を拭いてやり、
ベッドに横たえてやり、何やかやと彼女の世話をする破目になる。

 スラップスティック譚であるが、彼女の緩慢な麻薬時速に合致した
ゆっくりしたタッチで記されているので、却って彼の悲哀に共感できる。
 遅いテンポをキープしながら書けるって、すごい。


     (都筑道夫『都筑道夫コレクション<青春篇> 猫の舌に釘をうて』
     光文社文庫 2003初 J)

7月29日に続く~



呪 亜屁沈臓/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/呪 吐爛腐/

 「共謀罪」法施行 警察監視の独立機関が必要 法律家ら提言

 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2017-07-28 20:59 | 読書ノート | Comments(0)


<< (2)都筑道夫『哀愁新宿円舞曲...      ひとりで阿佐ヶ谷へ(2017/... >>