猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2017年 08月 11日

安部公房『死に急ぐ鯨たち』読了

e0030187_2215136.jpg













 写真は昨日の梨園染 戸田屋商店・店頭。東の東京、
すてき。


 小説は読みかけて、たしか放ってしまったようだが、
エッセイやインタヴューを収めたこの本は読み終えた。
 なんだ、気が合うじゃない。

 ヒトは言葉を獲得したことで、本能に支配される閉鎖系
プログラムを解放する。「群れ」は一旦、分散するが、

<「群れ」全体として、環境に対する適応力を増して
 [略]
 やがては直接顔を合わせることのない成員を組織する
 までに巨大化し、抽象化され......ついには国家の誕生>

<集団内における「儀式の運用」と「戦闘力」というこの
 二極分化は、昔も今もほとんど変っていない
 [略]
 <ことば>の技術者であるシャーマンと、戦士の統率者
 である族長がかならず併立して、権力の楕円(だえん)
 構造をつくってしまう。
 [略]
 この楕円構造はヨーロッパではカソリック社会における
 王と法王の関係[略]、
 日本でも永いあいだ将軍と天皇の併存がつづいて>
(p25-26『I シャーマンは祖国を歌う  儀式・言語・国家、
そしてDNA』)

『II 右脳閉塞(へいそく)症候群』では、

< 角田忠信氏の『日本人の脳』という本によれば、
 母音だけで意味を形成する日本語の特殊性のせいで、
 日本人は自然音によって優位脳(一般には左脳)を刺戟
 されやすく、そのぶん劣意脳(右脳)の閉塞をおこし
 やすいという。
 [略]
 たしかに右脳が閉塞した感性の障害者がその辺をまかり
 通っている。[略]
  もっと悪いのは、感性(右脳)の欠如を補うために、
 情緒過多症におちいってしまった連中かもしれない。
 情緒は一見したところ感性と近縁にある精神活動のよう
 だが、じつはおおよそ似て非なるもので、むしろ言語周辺
 領域に属する「あいまいな言語」と考えるべきだろう。[略]
 まがいものの言語のくせに、なんとなく感覚的な、その
 まぎらわしさがよけいに危険なのだ。ただでさえ右脳閉塞
 におちいりやすい日本人の心的構造を、抵抗なく武装解除
 してしまう。>(p42)

 『II サクラは異端審問官の紋章』からは、

< ぼくは桜の花が嫌(きら)いだ。闇(やみ)にたなびく雲の
 ような夜桜のトンネルをくぐったりするとき、美しいとは
 思う。美しくても嫌いなのだ。日本人の心のなかに咲く
 もう一つの桜のせいだろう。
 たとえば舞台の書き割りに、[略]描かれた桜。外国人には
 美学的にしか映らなくても、日本人には情念の誘発装置と
 して作動する強力な象徴なのである。[略]
  ところで情念はしばしば感覚と混同されがちである。
 しかしこの二つはまったく次元の違うものなのだ。[略]
 情念はむしろ言語に近い。言語そのものではないが、その
 周辺に隈(くま)のようにかかる亜言語、もしくは準言語
 なのだ。>(p49)

 『III 破滅と再生 2 聞き手・小林恭二』より__

<みんなで同じテレビを見ているという安心感でボーッと
 している>のは麻薬的だということを受けて、

<安部 [略]靖国神社の閣僚公式参拝なんて、麻薬の効果を
 見はからっての計算じゃないかな。大胆すぎるものね。反対派は、
 [略]理由のいかんを問わず、国家儀式の整備強化そのものを拒否
 すべきだと思う。

 __マスコミもいずれは儀式化を売りはじめるでしょうね。

 安部 とうに始めているよ。スターの結婚式の生中継、離婚の
 記者会見、さまざまな作法の指導、ヤクザの出入り......とくに
 ひどいのはスポーツ中継かな。ほら、国体なんかのとき、まず
 選手入場、それからなんとも薄気味悪い選手代表の宣誓......
 あれ、寒気がするね......まるでナチスみたいに右手を斜め上に
 挙げて、喉(のど)が張り裂けんばかりに絶叫するだろ。何を言って
 いるんだか分らない。まさに狂気の表現だ。脱糞(だっぷん)の最中
 を見せられているようで、寒気がしてくるよ。でも儀式だから成り
 立つんだね。儀式を許容するというのは、結局そういうことなんだ。>
(p174-175)

 安部公房が考える破滅の具体像はどんなものか、と小林恭二が問う。
核兵器による破滅みたような物理的なものではなく、

<__[略]ファシズムの台頭だとか......もっともファシズムの概念、
 あまり実感がないから使いたくないんですけど、社会的に因果律を
 否定する方向を辿っていけば......
 
 安部 たぶん愛国心ってやつだろうな。過剰儀式の中に溺(おぼ)れて
 息が止りかけている状態だ。核戦争は肉体の御破算だけど、その前に
 もっと誘惑的な精神の御破算願望があるだろう。いま自分を弱者に
 おとしめている条件を叩(たた)きつぶすために、徒党を組んで、その
 徒党に忠誠をつくす快感。強烈な排外主義と裏腹になっているけれど、
 これも一種の疑似平等観だよね。ナチスだって国家という帽子こそ
 かぶっていたけど、いちおう社会主義を名乗っていたんだ。なんとも
 御愛嬌(ごあいきょう)じゃないか。やはり民衆の夢としての平等観を
 餌(えさ)にせざるをえなかったんだな。>(p162)

 単行本『死に急ぐ鯨たち』は1986年に刊行された。今から31年前
である。安部公房が原稿用紙ではなくワープロを使っているのが、
奇異に感じられていたころ、パソコン普及前夜である。
 わたしは植民地に生まれなかったが、安部公房の感じ方に共感する。


     (安部公房『死に急ぐ鯨たち』 新潮文庫 1991初 J)



呪 亜屁沈臓/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/呪 吐爛腐/

 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2017-08-11 21:39 | 読書ノート | Comments(0)


<< 蔵前まで、少々      久しぶりに人形町へ(2017/... >>