猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2017年 09月 10日

週末は駒場東大前か西荻窪か/『ノーサイド』1995年2月号 他

e0030187_2092195.jpg













 ひと気の少ないところを歩きたい。週末の散歩のテーマは
これに尽きる。

 9月3日(日)は池ノ上界隈だったので、河野書店に廻る元気
がなかった。だから昨日は、駒場東大前で降りると直行して、
絵はがき1枚と色川武大『寄席放浪記』(河出文庫)を買って
から東大駒場を歩く。適宜切り上げて、疲れ過ぎないうちに
戻った。

 今日は西荻窪。バスで五日市街道を進む、いつものコース
ではなくて、地下鉄で荻窪、JRで西荻窪。それから五日市街道
を目指すが、その前に、盛林堂
 店頭で雑誌、『ノーサイド』1995年2月号。『総特集 戦後が
匂う映画俳優』である。
 よくぞ!、三船敏郎インタビューをしていてくれた(1997年死去)。

<"三船伝説"の一つに、氏が綺麗好きで整理魔と云うのがある。
 [略]デビュー以来の全出演作のスチールが、作品ごとにキチっと
 整理されているのだ。>

 そういうスチールやパンフレットを次々に取り出して見せながら、
三船が語る__
<向こう[注:アメリカ等の外国]の方がキチっとしてるところもあるね。
 もう十年以上も前ですが、ニューヨークでは、僕へのトリビュート(敬意)
 として、回顧上映をしてますよ。黒澤さんの(作品)だけじゃありません。
 それで立派なプログラムもキチっと作ってくれた。
 [略]
 黒澤さんの場合もそうだけど、外国の人の方が、映画にでもなんでも
 真剣です。>(p17)


 写真は部屋の裏手の都営アパートで。もうすぐ建替えになる。新しい
建物も5階建てだったか、いまと同じ階数のようだから、まだいいけれど、
建設材料がちがうから、風景ががらっと変わるだろう。

 近ごろの住宅地は、どこでも隣との境が窮屈だ。自ずと猫道が発生する。
先夜、ゴミを捨てて部屋に戻ろうと角を曲ると、向こうから、白い部分が多い
モノクローム猫がやってきた。今しも右折しようとしている。そこに我家の
ドアがあるんだけど。
 お先にどうぞと待機していたら、黒が多いモノクローム猫が続いた。こちら
は若い。どうも親子のようだ。そして、最初の白が多い方は、近所の聖家族
一員だった猫じゃないか。2013年のあの子、後ろ左側の猫(右目を黒い毛が
覆う)が大人になった姿ではないかしら。
 もう飼えないし、世話はできないけれど、元気でいてね。





呪 亜屁沈臓/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/呪 吐爛腐/

 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2017-09-10 21:22 | 読書ノート | Comments(0)


<< 里見弴『極楽とんぼ 他一篇』読了      E・S・ガードナー/砧一郎 訳... >>