猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2017年 10月 11日

(1)吉田謙吉『女性の風俗』2/3

e0030187_21305410.jpg













 口絵に1955年__戦後10年である__10月の著者近影。
 背後は築地川ではないかと思うのだが...。生え際までベレを冠り、
唇の真ん中に煙草を銜えている。縞のポロシャツにグレンチェック
の上着、襟に星形の(?)バッヂが三つ並び、胸ポケットにハンカ
チーフが覗く。
 左腕に何か挟み込んでいるようだが不明、小さな手帖にノート
する様子で映っている。

 1945年の敗戦直後から、おもに東京の女性の風俗がどう変化して
きたかの、考現学的考察記録だ。敗戦直後は戦時中のモノ不足の続き
だが、

< 戦後二年目から三年目にかけては、無帽流行が男性風俗として
 あらわれ始めた。坊主刈りが生え伸びて、リーゼントスタイルさえ
 逸早く農村青年にまで見られるに至った。だが、女性風俗の方は、
 立ちおくれ気味で、もんぺさえ、家庭着として重宝がられたりした。
  だが、街頭には、真紅のルージュを塗りたくり、仏壇の金具を思わ
 せるようなアクセサリーをつけたパンパン嬢が、敗戦風俗の看板然
 として佇んでいた。しかし、一方では、戦後三年目の正月風俗には、
 しゃなりとした和服姿を見るに至り、やおら真知子巻、茶羽織の流行
 と相次いで四年目に及んでいる。
  やがて、スタイルブックが引っ張り凧の状態となって、五年目を
 迎えたが、じつはインフレのどん詰りであった。>
(p9-10『女性風俗この十年__序にかえて__』)

 "もはや戦後ではない"と、経済白書が記述したのが1956年だ。
 上記・法学館憲法研究所サイトによると、
<ナチス・ドイツでさえ敗戦の瀬戸際まで開戦時の消費水準を保った>
のに、日本が戦前、1934~1936年の経済水準を超えたのが1955年だ
そうで、敗戦でゼロから出発するどころか、大幅なマイナスからやり直す
のだから、そりゃあ、経済も成長するさと、デフレに慣れた頭で理解する。
 朝鮮戦争(1950年6月)を対岸の火事として座視するだけでも犯罪的なのに、
朝鮮特需として戦後復興したのが、わたしたちの過去だ。あさましい。


     (吉田謙吉『女性の風俗』 河出新書 1955初 J)

10月12日に続く~





呪 亜屁沈臓/呪 汚池腐裏子/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/呪 吐爛腐/

 安保関連法(こと戦争法)の本会議投票行動(PDF)東京都の
安保関連法(戦争法)に賛成した議員名


 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2017-10-11 20:55 | 読書ノート | Comments(0)


<< (2)吉田謙吉『女性の風俗』読了      三連休をやり過ごす(2017/... >>