猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2017年 10月 17日

(1)柴田秀利『戦後マスコミ回遊記 下巻』を読もうとする

e0030187_2150516.jpg













 中野坂上・BOの閉店セールで買った。上巻がなくて下巻しか
なかったが、敗戦後のTVや原発導入の話から始まるので時代
背景は分かるし、なんとかなるだろうと思った。

 どんな馬鹿野郎どもが原発導入・推進を図ってきたかを知るのも
大事なので読もうとするのだが、いやはや読むのが苦痛。
 アメリカでどんなことを聞いて、原子力発電が資源のない日本に
必要だと考えるに至ったかは、上巻に書かれていたのかしら?
 下巻では、原発を推進させようとするときに、「ビキニ水爆、
第五福竜丸事件」が起きて、原発推進の動きがストップしそうに
なる。

 1954年正月から読売新聞・社会面に辻本芳雄・キャップで、
<原子力の啓蒙的解説シリーズ「ついに太陽をとらえた」>(p65)
を一ヶ月、連載して好評であったが、
 3月30日、「第五福竜丸事件」が同じ読売新聞のスクープで明らか
になると、
<巨大な反米運動、「原水爆禁止署名運動全国協議会」>(p69)
が共産党主導で全国で展開され、
 1955年初頭での署名者が3000万人に達する。

 そこで柴田秀利は、
< 「日本には昔から、"毒は毒をもって制する"という諺がある。
 原子力は諸刃の剣だ。原爆反対を潰すには、原子力の平和利用
 を大々的に謳い上げ、それによって、偉大な産業革命の明日に
 希望を与える他はない」>
__ってんで、アメリカ人の友人、国防省のD・S・ワトスン(後に
バレリーナ、笹田しげ子と結婚)に、
<あくまでも民間協力の線で、「原子力平和利用民間使節団」>
(p69-71)を日本に送り込むよう、依頼する。

 柴田秀利は反共主義者だ。彼が如何にして反共主義者になったか
は放っておくとしても、第五福竜丸事件への書きっぷりの無自覚な
残酷さは見過ごせない。

 スクープしたのは、読売新聞・静岡支局の焼津通信員、安部光泰。

<安部光泰は、大殊勲に輝き、菊池寛賞まで貰った。何が幸いするか
 分からぬもの。その日彼は、[略]「久子ちゃん殺し」で、犯人のモン
 タージュ写真を毎日新聞に抜かれ、お目玉覚悟でしょげ返っていた
 ところ>、下宿先から
< 「第五福竜丸がピカドンに遭って帰ってきたけど、みんなヤケド
 しているそうよ」>(p66)と、電話があった。

 たぶん1980年ころに回顧したのだろうが、"何が幸いするか"という
言い方が無神経である。
 スリーマイル島原発事故は1979年3月28日だが、新聞連載から
単行本にするときも、不安を感じたりしなかったのだろうか?

<その地方版のコピーが社会部に回ってきた時、ちょうどその時の
 デスクが辻本[注:辻本芳雄]君だった。チーム・ワークよろしく、
  「太陽が西から上がったような、火の玉を見た」という談話を
 もとに、顔面がふくれ上がり、ただれきった被爆者の惨状をその目
 で確かめて、社会面を埋め尽くす「死の灰」の大スクープとなった。
 翌朝早速この大ニュースは地球を駆け回り、世界を戦慄させた。
  これがやがて久保山さんの命を奪いとるまでに207日かかった。
 この尊い人命の犠牲と並行して、人心を直撃したのは、[略]
 「ビキニ・マグロを食べるな」の要注意論だった。>(p67)

 ジャーナリズムの動きにのみ注目して書けば、
"チーム・ワークよろしく"であろうし、
 できごとの記述としては、
"久保山さんの命を奪いとるまでに207日かかった"かも知れないが、
 その後に取って付けたようにシレっと、
"この尊い人命の犠牲"と来ると、噴飯ものである。

 さらに続けて、自分が寿司が好きで毎晩のように食べていた

<マグロに、赤信号を掲げられて、私はハタと困った。世界中で
 これほどマグロを愛好する国民はあるまい。ビキニ・マグロの恐怖
 はたちまち全国民の胃袋を震え上がらせ、コンチクショウ、の声が
 巷に渦巻いた。
 [略]
  世に食いものの怨みほどこわいものはない。ましてやトロ、中トロ
 が危ないとなっては、日本人全体の怨みと怒りは、それこそキノコ雲
 のようにふくれ上がり、爆発した。その動きを見逃す手はない。たち
 まち共産党の巧みな心理戦争の餌食にされ、一大政治運動と化した。>
(p68)

__書き写してみて分かった。これは反共プロパガンダの文体、
田舎政治屋が彼の後援会に向けて喋るときの文体なのね、ヒュー
マーと卑俗を勘違いして喋り続けるような。

 政治的に正しい発言しかしたくない女子どもとしては、読み通せるか、
自信がない。


     (柴田秀利『戦後マスコミ回遊記 下巻』
     中公文庫 1995初 J)

10月23日に続く〜



戦後の原発導入シナリオと原子力発電コスト

<この数年で、変えること、変わること、の内実は大きく変わってしまった。
 そもそも日本人は「変わらないこと」を望み歓び尊ぶ傾向が強いとは思うが
 (そして私は何よりもそれに抵抗したいと思っているのだが)、それとは別に、
 変えるように見えて、変わるように思えて、その実まったく変わらない。と
 いうか、むしろ変えないために、変わらないためにこそ、変えるよ変わるよ、
 と嘯くひとびとが続々と現れてくるようになったのだ。変えないために変える、
 変わらないために変わる、とぶち上げる逆説的な詐術が、至るところで罷り
 通っている。だから今では「現状を打破する」とか「現政権を終わらせる」
 という勇ましい言動にこそ警戒しなくてはならない。>
(佐々木敦「それでも選ぶ」必要はなかった)

呪 亜屁沈臓/呪 汚池腐裏子/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/呪 吐爛腐/

 安保関連法(こと戦争法)の本会議投票行動(PDF)東京都の
安保関連法(戦争法)に賛成した議員名


 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2017-10-17 20:51 | 読書ノート | Comments(0)


<< 阿佐ヶ谷区役所~荻窪・ささま書店      興津要『落語家_懐かしき人たち』読了 >>