2006年 02月 20日

「夜市(よいち)」について もう一言

e0030187_132399.jpg








 作者・恒川 光太郎を検索してみたが、「夜市」しか出てこない。書いては
いても本になっていないのだろうか。そうだとしたら、勿体ない。
 地味だけれど確実なファンが見込める小説家だと思うが、いまの状況では、
もっと派手なシーンが展開されるとか、流行りのアイテムが作品中に出てくる
といった小説でないと、出版され難いのかしら。

 イギリスの古風な怪談を読むような読後感の本である。その種の教養(敢て
言おう)があった方がより愉しめる本だ。こんな本こそ出版されるべきだし、
売りたいものである。

毎度お手数ですが→本・読書ランキング[人気blogランキング]へ
[PR]

by byogakudo | 2006-02-20 13:04 | 読書ノート | Comments(0)


<< 「風が吹いたら」      あれこれ お知らせを忘れていた >>