2005年 07月 24日

地震の被害はなかったが

e0030187_13481766.jpg
 

 





 実家から送ってもらった、瑛九リトを掛けてなくてよかった。
額の重さに壁が耐えられなかったかも知れない。震度2以上の
地震は恐怖だ。部屋に戻ったら、2匹いる猫のうち、年かさの
ニムがトラウマ気味でソファ・カヴァに潜り込んだまま、なか
なか出て来ない。現れても、誰か不審者がいやしないかとびくついて
いる。もう1匹、若い雄猫マロは大してショックの様子ではないが。
 ウェルズの筈が河野典生「狂熱のデュエット」(角川文庫 73初)に。
リリカルにきれい。読んでいて、ときどきテレる(誰に/何に対して?)。
柳生弦一郎のジャケット画がいい、ジャズ小説。でもテレます。
[PR]

by byogakudo | 2005-07-24 14:19 | 読書ノート | Comments(0)


<< またウェルズに行かず      アナログなアナロジーはどこまで... >>