2006年 03月 02日

「書物漫遊記」

 困った末に、雨の中 店を片づける どさくさまぎれに 種村季弘の文庫本を2冊、
引っ掴んで帰る。「書物漫遊記」と「食物漫遊記」、どちらも86年初と85年初の
ちくま文庫であり、すでに読んだことがある。いよいよネタ切れ か。

 しかし案ずるより気持よく再読できるのが有難い。半分くらい読み直して、
こんなに戦争の記憶が強い記述だったっけと思う。

 第1章 不思議な節穴 武井武雄『戦中気侭画帳』 の章なぞ、痛い。
 戦前・戦中の小学生時代、池袋に住んでいた種村季弘の近所に武井武雄邸が
あった。
 門や主屋は純和風、ルネサンス風の柱廊伝いに洋風アトリエという作りで、
戦中は中庭の噴水は水が枯れ、温室の菊は凋んでいる有様で、幽霊屋敷のような
印象だったらしいが、その中に立て籠って外を見続けた武井武雄の眼が
「戦中気侭画帳」に表れていると言う。

 敗戦後に育った人間から見ると、戦中は何でもかでも統制・規制されていた
ように思われるが、実際はまだリベラリズムの残り香が漂っていたこと、戦局の
悪化につれて人々の表情やたたずまいが惨めになっていく様子が「画帳」に
描かれているが、種村季弘にとってこの本が大事なのは、少年期を過ごした街と
人々の記憶が、もはやこの本の中にしか求められないことにある。
 街は45年4月13日夜の空襲で消滅した。彼はこども時代の家の跡を訪れようとは
しない。
   <私の家のかつてあった場所は、いま二軒に区切られて、三味線屋と
   一杯飲み屋になっているという。人伝てに聞いたその話だけで私には充分
   である。かりに訪れてみても、そこにがあるわけはなくて、
   のつづきがシラケているだけに違いないからだ。>

すみません →本・読書ランキング[人気blogランキング]へ 
[PR]

by byogakudo | 2006-03-02 16:14 | 読書ノート | Comments(0)


<< blue/grey      「人間以上」読了 >>