2006年 03月 25日

(3)「覆面の佳人」読了

e0030187_16263344.jpg











~3月24日より続く

 何だか大わらわの感じで物語が終わった。最初に誰を犯人にするか考えて
いなかったのじゃないか とか、途中で犯人を違う人物にしたのじゃないか等の、
疑問が残る。決して会心作ではなかろうから、あまり うるさいことは言わないが。
 でも せっかく黒岩涙香タッチで行こうと始めたなら、最後まで それで通して
もらいたかった。残念である。           (横溝正史 春陽文庫 97初)

 今週の新着本では、何といっても「和洋住宅設備設計の知識」(山本拙郎 実業之
日本社 35再函)。山本拙郎_あめりか屋_キャッ、素敵ッ!と騒いだ。

 題名だけ聞くと建築の実用知識みたいだが、山本拙郎がそこで収まる筈がない。
住まい方に注目した本であることは、目次を見ても一目瞭然。
 <第五章 居間  住宅の甦生=南面して風通しよく=家具の選択=思出と希望
 ・・・>
 <第十三章 暖房設備  住宅の暖房=日向ぼっこの部屋=冬籠りの部屋=狭き
 部屋・・・>
 読んでみたくなりませんか?

新着本

3月いっぱいお願いします →本・読書ランキング[人気blogランキング]へ 
 
[PR]

by byogakudo | 2006-03-25 16:26 | 読書ノート | Comments(0)


<< 「都市の記憶 2 _日本の駅舎...      (2)「覆面の佳人」まだ途中 >>