2006年 04月 06日

「刑務所を往く」読了

 読んでみたが、わたしは罪と罰の関係をよく理解していない ということが解った。

 まず、神対人間における罪と、共同体構成員間での罪とを区別して考えなければ
ならない。刑務所は、共同体構成員の誰かが誰かの権利を侵した場合の、社会的
ペナルティーを科す場所である、と。
 「やられたら、やり返す」復讐精神を認めていたら、社会の混乱が増すだけだから、
裁判所という第三者に決着を委ねるのが、法の精神と理解してよいだろうか?
 裁判所が何らかの罰を決定して後、刑務所の出番になる。

 さて、その刑務所であるが、犯罪者と認められた人間が、普段の生活を送ることが
できない、拘禁状態に置かれるだけで、充分 罰として機能していると考えるわたしは、
甘いって言われるのだろうか?
 被認定犯罪者には、人権なぞ存在しないと言うなら、国家権力自身が復讐者と
化してよいと認めることになりはしないか。それは結局 復讐する権利を国家が
承認することであり、法の存在意義をなくすことになるのではないか。

 理想論を言ってることは解っている。ただ 現実べったり肯定の、だから目には目を
という立場からは何も次の行為は見えてこない。
 刑務所が社会への悪意をいやます場所でしかなかったら、犯罪の再生産の場としか
機能しなかったら、無意味で、更には有害な存在ではないか。

 寛容さが甘ったれと見なされるいやな時代であるが、寛容であり続けるためには
どんなにタフさが必要か、彼等は想像したこともないのだろう、わが敵は。

                         (斎藤充功 ちくま文庫 03初帯)
[PR]

by byogakudo | 2006-04-06 18:26 | 読書ノート | Comments(0)


<< 「殺人鬼」      「刑務所を往く」 >>