2006年 04月 16日

「悪霊の群」もうすぐ読了

 その前に、昨日のブログに追加文があります。肝心なことを紹介し忘れて
いましたので、よかったら、最後の段落をお読み下さい。必要な情報をすっかり
落としていた・・・。新着本にも1冊追加あり です。

 山田風太郎・高木彬光 共作の「悪霊の群」だが、
<「アイディアを高木さんが出して、山田さんが書く」>役割分担であったそうで、
たしかに文体は風太郎だ。

 舞台は50年末の東京。主人公は風太郎側から茨木歓喜(彬光側の神津恭介はNY
滞在中で、寄宿先がダネー・リー氏方という楽屋落ち)、クリスマス・イヴに
繁華街が狂騒的になる様子や、尾津組マーケットの名残、歌笑をもじった怪面亭馬笑
なる新作落語家(「馬笑純情詩集」タイトルの章もある)、ガサガサドヤドヤした
年末風景の中に、眼球を抉り取られた死体が発見され、名探偵の登場を促す。

 いかにも風太郎と思ったのが、新宿青線地帯の描写、
<__数百年のむかしから、日本には政府公認の遊郭というような奇怪なものが
あった。それはみがきぬかれて、絢爛たる文化と粋なエスプリの泉とさえなった。
敗戦によってその制度は終焉をつげたが、実態だけはのこった。いや、法律では
禁じているのに、税務署では全認し、警察では半公認している。・・・(注:青線
地帯は)ここは警察は半公認もしない。ただ既成事実でもって法律を沈黙させて
いるだけである。・・・>変らない人だ。
[PR]

by byogakudo | 2006-04-16 17:47 | 読書ノート | Comments(0)


<< 「悪霊の群」読了      たっぷり眠って健やかに出掛け、... >>