猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2006年 04月 17日

「悪霊の群」読了

e0030187_13213077.jpg








 何とか読み終えたけれども、合作は難しいということか?
 特に日本の小説家の場合、多作せざるを得ない状況にあるようだから、忙しい
ふたりが打ち合わせして書くのは、時間的に困難を来すのかも知れない。
 数人の小説家による連作は何度か試みられているが、合作は少ない。仲良しの
山田風太郎・高木彬光コンビにしても、これきりである。

 時代状況を描く風俗小説としては面白かったが、トリック満載のパズラー系
探偵小説としては、どうだろう? ジグソー・パズルは完成したのに、あら、
ピースが1個余ってる!というラフな作りであった。

 (茨木歓喜を助ける)新聞記者が愛する彼女が 事件現場に落とした銀のブローチと、
彼自身の持ち物であるマリア像のメダルの混在等、もう少し すっきりした話に
しても良さそうなものだ。古風なトリック探偵小説を書きたかったのかも解らないが、
その後書き直す機会はあっただろうに 訂正版がなかったということは、どちらも
あまり愛着がなかったってことかしら?
                 (山田風太郎・高木彬光 出版芸術社 00初帯)

 話は全く飛びますが、店内に出し切れない量の時代小説文庫本があります。500
あるいは600冊ほど。レジで仰って下されば、奥から紙袋を抱えて参りますので、
時代ものファンの方にお伝え下さい。よろしく。
[PR]

by byogakudo | 2006-04-17 18:20 | 読書ノート | Comments(0)


<< 「けっこう凄い人」      「悪霊の群」もうすぐ読了 >>