2006年 04月 28日

わたしは共謀罪を否定する

 時にはがらにもないことでも言うべき時がある。共謀罪を国会に提出しようとする
動きのある昨日・今日、マスメディアは、いったい何をしてるんだろう。

 堀江被告が拘置所から出てくる瞬間を捉えようと何時間も待っていたり、ニュース・
トップに持ってきたり、公聴会で発言する拉致被害者の話に終始しているようだが、
そもそも自由にニュースを伝えたり発言したりする権利が侵されようとしているのだ、
共謀罪の問題がトップであろう。

 犯罪は既遂がいちばん罪が重い。未遂や協議がその手前にある。共謀罪は、未遂や
協議の段階ですらなくとも、犯罪として成立させようとする犯罪的な法律だ。

 権力をもつ側にとって、これほど便利な法律もあるまい。気に入らない人間は
いつでも抹殺できる。
 何か時の政府に反対意見をもつ集団にスパイを入れ、「明日、抗議行動に
行こうか」と話し合った段階でも、密告者は無罪であるから、スパイは安心して
「おそれながら・・・」と警察に駆け込んで一網打尽。便利でしょ。

 いま政権にある公明党は、未来永劫 政権に取り付いている自信があるのだろうか、
いつでも 犯罪傾向のあるカルト集団扱いにされる法律を通すことになるのだが。

 思うことは自由、でもそれを表現することはできない。__それを自由な状態とは
呼ばない。圧政下にあると、普通は呼ぶ。デモ行進したりストライキしたりするのは
犯罪行為ではない、意志を伝える表現行為のひとつなのだ。
 国家がストーカー的に愛国心を強制するのに反対する権利も、わたしたちは持つ。
しかし、具体的に反対の意思表示がなされなければ、それは強制を認めることである。
あとでウダウダ文句を言ったって、もう遅い。

 だから、わたしは共謀罪を否定する立場にあると、ここに記しておく。
[PR]

by byogakudo | 2006-04-28 19:22 | 雑録 | Comments(0)


<< 「香水のすべて」      「魔法使いの弟子」と「狐の鶏」に追加 >>