2006年 05月 09日

5月7日付けに追加

 ふと思いついて部屋にある英和辞書を覗いてみた。「<コンパクト版>小学館
英和中辞典」84年8刷である。ちゃんとglassine が載っていて、訳語はグラシン紙。

 いやになる。店にある英和の語数が2つとも少なすぎるのか、片方は9万語強、
もう1冊だって6万語以上あるというのに。<コンパクト版>にはEndymion なんてのも
しっかり出ている。店のにはない。言葉の採集方針の違いだろうか? 

 ひとつ解らないのが、<コンパクト版>は奥付の書名であって、表紙には
Shogakukan Progressive English-Japanese Dictionary とあること。
 それに、何を思って、80年代半ば過ぎに英和辞典を買ったのだろう? 気紛れ?
必要性には迫られていなかった筈だが、もはや思い出せない。でも引きやすく便利で
(わたし向きで)、時々 引っ張り出す。店にあるような二色刷り辞書は、見ると
眼がくらくらする。みなさん、平気なのかしら? 喧しく見えるのですが。

 「『新趣味』傑作選 幻の探偵雑誌7」(ミステリー文学資料館 光文社文庫 01初)が
部屋にあったので、昨夜から。このシリーズはとても労作で、素晴らしい試みとは
思うけれど、同時に、忘れられた小説家には忘れらるべき問題点も またあると、
気付かせてくれる。
[PR]

by byogakudo | 2006-05-09 17:24 | 読書ノート | Comments(0)


<< 郵便局民営化について一言      「ソーラー・ポンズの事件簿」読了 >>