2005年 07月 30日

雷雨待ち?

 雷とともに大雨が降り出してきそうな気配がいっぱい。早々に表のワゴン類は
ヴィニルで覆われ、誰も覗けない。いいの、降り出してからドタバタしたくない
から、とは言うものの、まだ誰も入ってこない。

 昨夜は「ウッドハウス」を半分近く読む。愉しい。真剣にあと2巻分用に
ウッドハウス貯金をしようかしら。苦手な行為ではあるが。ともかく文春版が
手に入ったので、いつでもミステリのお師匠さんの国書版と交換読書できる。
 賢明な従者とおろかな主人の典型的なコンビだが、ジーヴズ氏は神の如き
天才であるだけでなく、色好みでもあって、そこが素敵。

 久しぶりに早出して、気になっていた文庫本の値段付け。ほぼ完了。1冊、
途方に暮れているのが、「かぎろいしょう」とルビのある、棟方志功 板画、
保田與重郎 歌の中公文庫。「かぎろい」は、漢字が出せないが、火偏に玄、
次の漢字は火、しょうは頌。どうしようかな?
 
 新着本、猫額洞HPにアップしました。(間に合った!) 毎週末更新です。
ときどき新着欄を経ないで、各項目に新着本を上げたりもします。覗いてみて
下さい。よろしく。
[PR]

by byogakudo | 2005-07-30 14:16 | 雑録 | Comments(0)


<< 暑中お見舞い申上げます      半日を新宿で過ごす >>