2006年 06月 02日

ニコライ堂ふたたび


e0030187_17461078.jpg













e0030187_17531490.jpg













e0030187_1373991.jpg













e0030187_18018.jpg













 嬉しい一夜が明けて本の買出しへ。2階で蔵書票展があるようだが、たぶん無理
だろうと話しながら地下へ。あまり重く(内容ではなく重量が)ならないことを
意識しつつ、でも、荷を軽くするのは いつも難しい。

 先週よりは軽いけれど決して軽々とは行かない本を肩に、まずタリーズ・ブレイク。
そしてニコライ堂撮影(S が。わたしはうろうろ散歩して小さなカードを買った)。
RICOH GRD を手に入れて間がないので、S は今日もあれこれ試している。このところ
写真が増えていたのは、そういう訳。

 市ヶ谷まで歩こうかという最初の案を諦めてよかった。充分に疲れている。
買い立ての「室内の都市」(海野弘 住まいの図書館出版局 90初帯)と「花と奔流」
(子母澤寛 中央公論社 62初函)にラッパーを付けて、今夜は早めに戻ろう。
 読むものがなくて「地下鉄三四郎」なぞ読んでいたけれど、日活アクションみたいな
ストーリーで、日活アクションみたいに愉しくはなく、困っていた。
[PR]

by byogakudo | 2006-06-02 19:29 | 雑録 | Comments(0)


<< 山崎阿弥さん個展、訂正他      誕生日の贈り物 >>