猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2006年 06月 04日

「都市の室内」他

e0030187_13124790.jpg










 久しぶりの海野弘。
 その前に今日の東京新聞朝刊 読書欄に、「魔法使いの弟子」(鈴木創士
現代思潮新社 06初)の紹介文が出ていた。その書き出しが、
<フランス文学者による独特な文章の一風変わった評論集。>とあった。
 以前、同じく東京新聞夕刊コラム「大波小波」で「中島らも烈伝」の紹介には
<異端のフランス文学者>とか書かれていたと記憶する。鈴木氏はそんなに
変った方でいらしたのか・・・?

 さて、「室内の都市」(海野弘 住まいの図書館出版局 90初帯)がもうすぐ終わる。
主に文学作品に描かれた室内に着目したエッセイ集だ。なんとなく読んでいなかった
コレット「クローディーヌ」ものなど、読んでみたくさせる効果を持つ。

 この住まい学大系シリーズには魅力的な本が多い。006 あめりか屋商品住宅、
008 さも虎毛の三毛(土屋耕一らしいタイトル)、011 ヴォーリズの住宅等々、
欲しいなあ。どなたかお譲り頂けませんか?

 「売る」「譲る」で思い出した。B.O.では「本を売って下さい」ではなく
「本をお持ち下さい」だったか、気配り表現しているそうだが、その前に
あの暴力的な音の洪水を何とかしてから、のことではないか。
[PR]

by byogakudo | 2006-06-04 12:44 | 読書ノート | Comments(0)


<< 訂正と感想文3個      山崎阿弥さん個展、訂正他 >>