2005年 07月 31日

暑中お見舞い申上げます

 とタイトルしたが、まだ暑中でよかったのだろうか? 年中行事に疎いので
暑中と残暑の期間がわからない。好みで行けば残暑見舞いだ。藤原良経の歌が
引用できる。今年も使おう。
     
     手にならす夏の扇と思へども ただ秋風のすみかなりけり

 ウッドハウス「ジーヴズの事件簿」読了。これは喜劇として描かれているが、
悲劇版にすると、映画「召使」になるのじゃないかしら? 独身の主人と
その従者との、離れがたい関係の物語と読めば。
 また、喜劇のもつスピード性、混乱がさらに混乱を招くありさまを読んでいると、
「モンティ・パイソン」を思い出した。パイソンズの祖父にあたる小説では
ないかという推理も浮かんだが、根拠として「ガッシー救出作戦」中にある、
     
     叔母に何かやれと命じられたら、やるしかないのだ。そうでないと、
     大昔のスペインの宗教裁判もはだしで逃げ出すような拷問が待って
     いるのだから。

を持ち出すと、牽強付会と言われそうな気もする。だが、前書きには、ネットの
サーチエンジン「アスク・ジーヴズ」を例にとり、

     英語圏ではウッドハウスの文章がしばしば引用されるが、多くの場合は
     ウッドハウスという引用元さえ付記されない。多くの読者には、前後の
     文脈から見当がついてしまうのだ。

なぞとある。どうなのでしょう?

     
[PR]

by byogakudo | 2005-07-31 17:06 | 読書ノート | Comments(0)


<< 五月真理矢 La PaRaDe...      雷雨待ち? >>