猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2006年 06月 15日

「ゴーストなんかこわくない」読了

e0030187_12564944.jpg










 素敵な短篇集だ! 超常現象を主題に、いとも軽々としたタッチで語って
みせる。いい小説家なのに、なぜ一冊本で紹介されるのがこんなに遅れたのか、
その方が謎である。

 広告代理店勤務のアート・ディレクター マックス・カーニイが趣味の
幽霊退治人(ゴースト・ブレイカー)になったのは、古書店主W.R.ペドウェイから
オカルト本を買ったことに端を発するが、この古本屋にはオレンジ色の猫が飼われて
いる。猫はたいてい椅子や合本の上で眠っていて、本にいたずらしたりしない。

 作者本人も猫を飼っていると思われるのは、短篇「姿なき妨害者」の、ある幽霊
屋敷でのシーンである。
 幽霊に怯え、毛を逆立ててベッドの下にもぐり込んだ茶色のぶち猫が、やがて
<・・・ぶち猫はベッドの下から出てきてごろりと仰向けになり、垂れた毛布の端を
前足でひっかいた。>うちの猫もこれをやって、わたしたちから叱られる。

 たぶん あくどくないのが、ウリを見つけ難いということで、日本での紹介を
遅らせた原因ではないかとも思うけれど、小味で爽やか、江戸前です。
         (ロン・グーラート 浅倉久志訳 扶桑社ミステリー文庫 06初帯) 
[PR]

by byogakudo | 2006-06-15 13:01 | 読書ノート | Comments(0)


<< 散歩の日      昨日の続き >>