猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2006年 06月 30日

「女占い師はなぜ死んでゆく」読了

e0030187_12414314.jpg








 往復の地下鉄内で「女占い師はなぜ死んでゆく」(サラ・コードウェル HPB
01初帯)読了。好みのタイプだ。他の翻訳書も読みたいけれど、新刊書店には
ない様子。お師匠さん頼りになるのか?__お尋ねしてみると、やっぱり1冊は
持っていらっしゃる、どの本かは不明だが。

 後書きに『マイクル・イネス、エドマンド・クリスピン風』とあるが、たしかに
イネス・クリスピンの女性小説家版だ。ややもってまわった文体はイネスを、
ヒューマーやウィットはクリスピンを思い出させる。これは個人用に蒐集すべき
小説家かも知れない。

 探偵役はオックスフォードの歴史学者 ヒラリー・テイマー教授。名前と職業は
あっても性別や外見は不明である。(仏語に翻訳するときは、どう処理するの
だろう?)
探偵役というより、中性的なナレーターの役柄を果たしているように感じられる。
他の本ではどんな感じか解らないが。

 21章の初めの部分を引用すると:
< うす暗い縦長の客間には四人の人々がいて、焚火の揺らめく光を黙って
見つめていた。黒い長椅子のひとつには、若い女がふたり、手を取り合って坐って
いた。ひとりは赤毛でボーイッシュな風采、もうひとりは金髪で顔も身体も感じの
よい丸みを帯びた女である。彼女らの向かいの長椅子には、カイゼル髭をたくわえた
がっちりした体格の男が坐っていた。彼の隣にいたのはレジャイナで、にこやかに
立ち上がると、われわれに飲み物は何にするかと尋ねた。>

 テイマー教授もこの場にいて発言しているのに、「五人の人々」と書かないのは、
テイマー教授が声だけの存在、映画でいえばカメラの後にいる存在であるからだ。
シリーズすべてをこの手法で書いているとしたら、すごい。
[PR]

by byogakudo | 2006-06-30 20:01 | 読書ノート | Comments(0)


<< あれこれ読み散らす      「7月のMeg」の注 他 >>