2006年 07月 04日

江戸川乱歩文庫

e0030187_18105047.jpg













 読書スランプ中に朗報? 江戸川乱歩文庫(講談社 88年)の62と63、つまり
「幻影城通信」と「子不語随筆」とが買取で入った。うれしい。なかなか進まない
カー「死の館の謎」をすみやかに忘れよう。「骨の島」もいつか思い出すことに
しよう。杉浦茂だけは忘れないこと。

 「ニュー・ワールズ傑作選 No.1」中のジョン・ブラナー「ノーボディ・アクスト・
ユー」(Nobody Axed You) はTVの影響性の大きさがよく表現された、いかにも
イギリスらしい社会派SFであるが(エンディングがすぐ想像されるのが社会派の
欠点だ)、 6月29日のa 氏の概括をそのまま用いたい誘惑に駆られる。
[PR]

by byogakudo | 2006-07-04 18:10 | 読書ノート | Comments(0)


<< 驟雨のあとさき      プロフェッショナル >>