猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2006年 07月 22日

" We Japanese " と「おしゃれ案内」

e0030187_14563156.jpge0030187_14565296.jpg














 「まーた、趣味本に走ってる!」という内心の懲罰的声を耳にしたのは
新着本としてアップしてからである。見つけて買って帰るとき聞こえたのは
「わたしが買わずに誰が買うの?」であった。新着欄トップ " We Japanese " の
話です。

 箱根宮の下「富士屋ホテル」刊の英文日本案内記、元の紺色がグレイに色あせた
帙の背表紙、題箋の文字も判読できないが、カンが働く。
 開けてびっくり、淡い緑色の絹張り・和綴じ本、アールデコ風レタリングで
縦に We Japanese と題箋が貼ってある。おぉ!
 ここで無知をさらけ出すと、帙の紙質は色紙にあるような銀粉混じり、和紙の
本文頁も金粉混じりの紙が使われている。それぞれ、固有名詞では何というの
でしょう?

 中身は要するに外国人観光客のための日本案内であるが、一項目一頁で記されて
いて読みやすそうだ。日本の伝統風俗・歴史・文化・生活習慣等、およそ民俗学的
対象が網羅されている。当時の日本領ということで、台湾の首狩り族の紹介もあれば
十二支の中で丑年を見てみると、丑の刻参りの解説が出てくる。巻末は日本の
ことわざ特集、どれも英文解説と英訳ことわざ付きである。
 やっぱり趣味に走った選択でしょうか? 全頁 写真や挿絵入りで愉しい本なのだが。

2015/02/04に続く~

 「おしゃれ案内 ハイカラとはどうすることか」(マダム・マサコ 光文社カッパ
ブックス 59年10刷)は、口絵と本文写真はすべて「ヴォーグ」による ってとこが
出版時のキャッチコピーだったに違いない。マダム・マサコという名は、むかし
母親が取っていた「婦人画報」でよく目にしていた。これも愛らしい本です。

 今週もよろしく!
新着本  
[PR]

by byogakudo | 2006-07-22 14:58 | 読書ノート | Comments(0)


<< 「江戸団扇」は読了、「言語文化...      長い梅雨 >>