2005年 08月 03日

何も覚えてない

e0030187_17443465.jpg







 2時間で20冊くらいしかネットに上げられないのか。遅いなぁとは言え、1冊
上げては付箋に書いて貼り付けていたから、そんなものかも知れない。02です、
お暇でしたら、よろしく。まだまだ上げなきゃならない・・・。

 死んだように静かな夏の午後の街は、とてもなつかしい。回覧板を廻しに!外に
出たら、夏の記憶がよみがえった。

 昨夜は眠いのに川本三郎「ネヴァーランドで映画を」(中公文庫 88初)を斜め読みし
常盤新平「はじまりはジャズ・エイジ」(講談社文庫 85初)に移る。寝ぼけながら
読んだので、読んだという記憶しかない。無駄ってものだ、まったく。
 
 そう言えば先週、「ネロ・ウルフの殺人交響曲」だったか、そんな題名の
パスティーシュ?を読んだが、ウルフ・グッドウィンの日常生活描写がいい感じで
これはと思ったのだが、最後の謎解きの単調さにがっかり。わたしは誰が犯人であれ
構わない人間であるが、あんまり何も考えてなかったかのような謎解きに出会うと、
さすがに嫌になった。
 
 むかしハードカヴァで福永武彦の頁だけ読んだ「深夜の散歩」は、今回も他の筆者の
部分に着かずに棚に戻しそうだ。あっ、これも上げなきゃ。
[PR]

by byogakudo | 2005-08-03 15:37 | 読書ノート | Comments(0)


<< 古書猫額洞ホームページ案内      山崎阿弥個展@青い部屋 >>