2006年 07月 28日

ふたたび水の上へ

e0030187_20232813.jpg













 夏休みだからって、千鳥が渕でボートに乗りたがる子どもや青年はいないようだ。
二人で水面を独り占め。緑地帯から見たとき一隻も出ていないので、ボート乗場は
お休みかと思っていた。今日はSの負担の軽い 足漕ぎボート(スワン・ボート
でなくって、ほんとによかった)。曇り日だからこそ乗る気になれた。

 水の上、高速道路の下に鳩が巣くっている。怪我をしたらしく溺れかけている
一羽を見つけた。助けられないかと近づいてみたが、却って必死に逃げ惑う。
悪いことをしてしまった。

 漕がずに漂っていると、お堀の樹々や石垣がこちらに向かって動いてくる。
 「マクベスみたい!」
 「そんなこと言ってるから酔うんだよ」とSの指摘。そうか、そういうこと
だったか。別に舟酔もせずに上陸した。
[PR]

by byogakudo | 2006-07-28 20:23 | 雑録 | Comments(2)
Commented by どーどー at 2006-07-28 21:21 x
文章を読ませていただき、わたくしが船酔いいたしました。ありがとうございます。
Commented by byogakudo at 2006-07-28 21:34
どーどー様、すみません! 陸上での船酔いには、何が効くでしょうか? 子どもの頃はよくトラベルミンを飲まされていましたが、あんなに効かない薬もなかったような記憶があります。お大事に。


<< いよいよ詩集刊行?!      亜湖さんの告知を忘れていた >>