2006年 07月 31日

読了と中断と開始

e0030187_1644252.jpg










 「小説のタネ」は読了、いい感じだった。「言語文化のフロンティア」、未読のまま
たぶん中断することになるだろう。
 「白夫人の幻」、結構でした。ディー判事は、作者・ヒューリック自身が投影されて
いるのか、動物好きである。事件現場で見つけた陸亀を連れ帰ってペットにし、巣から
落ちた雛は、ちゃんと巣に戻してやる。陸亀の描写がなんだか可憐で可愛いかった。

 昨夜から「黒と青」(イアン・ランキン HPB 04年7刷 VJ 帯)を読み始める。
以前読んだ「花崗岩の街」(スチュアート・マクブライド HPB 06初 VJ 帯)に、地の文で
「イアン・ランキンの小説じゃないので」みたいな楽屋落ちがあった。「黒と青」と
いうタイトルはストーンズの頂き(前作は" Let It Bleed "である)、ハードボイルド
警官小説? 舞台はこちらはエジンバラ。スコットランドに詳しくなれるかしら?
[PR]

by byogakudo | 2006-07-31 16:04 | 読書ノート | Comments(0)


<< ゆっくりと、「黒と青」      「白夫人の幻」もうすぐ読了 >>