猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2006年 08月 11日

8月10~11日(奥多摩〜中井)

e0030187_13282336.jpg













e0030187_13315369.jpg










e0030187_13343848.jpg










e0030187_13372183.jpg










 車を借りにSの両親宅へ。「一緒に行きませんか? 涼しいですよ」「そうね」
ということで四人で奥多摩を目指す。環八?から圏央道へ入ろうとしたら、知らない
トンネルができていた。空いた路線を選んだのが間違いのもと、圏央道が消える。
練馬で高速を探してうろうろ、なんとか見つかり、今度はわたしのミスで青梅の手前で
高速を降りてしまい、もう一度圏央道へ。

 去年は伊豆へ行ったので久しぶりの沢井だ。玉堂美術館脇でお昼。櫛かんざし美術館
と同じく、大きな窓から多摩川を望む。澤の井系列の施設は、自然環境とよくマッチ
したつくり(過不足のないつくり方)で、ここも感じがよい。働いている人たちも
親切でやさしい。食後しばし別行動、わたしたちは例によって川原に降りる。
 カヌー競技大会が行われているようだ。沢井行きで初めて、遂に晴れている!
川に手を差し入れると、この陽射しなのに水が冷たい。うれしい。

 次はどこへ? 奥多摩湖へさらに進む。小河内ダムだ。Sの母とふたりして
「湖底に沈んだ村って、教科書で習ったのがここ?」
 ダムの前に建てられた水の博物館は、澤の井とは逆、村起こしに失敗した施設だ。
やすく、かなしい。悪いけれど。

 吉野街道を戻って水織音(みおりね)さしえ美術館へ。閉まっている。訊ねて
みたら、土日だけとのこと(夏場がそうなのかも知れない。ネットで調べたときは
月曜休館とあったが)。残念だ。建物が素敵で、入ってみたかった。

 今回は櫛かんざし美術館はパスして、3時過ぎ、帰途につく。料金所手前から
渋滞する。料金所を過ぎても渋滞が続く。なぜだ? 練馬まで800mの掲示から
進まない。コルタサルの短篇「南部高速道路」を思い出す。
 5時ころ高速を降りても練馬で渋滞。杉並や中野区が果てしなく遠い。往復ともに
練馬の罠に捕えられた感がある。謎の練馬区。
 Sは7時間くらい運転。すまない、免許がなくって。

 11日(金)、部屋で休むだけではクールダウンできないというので、ふたりで
中井 林芙美子記念館界隈へ。四号坂をはさんで記念館の反対側、大きな洋館が
消えていた。夏草が茂っている。立ち木を申訳程度に残して、集合住宅でも建つの
だろうか。
 湿気と熱さの中、うろついて部屋に戻る。やや熱中症気味ではないか? リハビリじゃなくて強化合宿みたい。

 写真はクリックすると拡大します。 
[PR]

by byogakudo | 2006-08-11 18:26 | 雑録 | Comments(0)


<< 写真がいっぱい      Nimの記 >>