2006年 08月 18日

「私眼抄」

e0030187_1845145.jpg














<   新橋の成駒の数奇

  大連にて芸者に出でおるうち、中華人に身請され一子を生める女あり、その子は
 如何になりしか不明。その中華人は病没せり。その後、新橋より成駒といいて出でし
 芸者がその女なり。阿片中毒者にして客席にてフト目の色濁りもの言わずなる事
 あり、席を外して阿片を吸入し戻り来れば元気倍せり。
  常に捨児引取所が伊太利の如く日本にもありなばよしとか、自殺者の赴く自殺所
 あればよしなどいい居たり。男の孤児の四歳と五歳とを引取りいたり。
  或る日、モヒの分量を誤り死去せり。   >

 こんなに、さらっと書けるといいな。      
                   (長谷川伸 「私眼抄」人物往来社 67初函)
[PR]

by byogakudo | 2006-08-18 18:45 | 読書ノート | Comments(0)


<< 「皮膚の下の頭蓋骨」読了      熱くって >>