猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2006年 09月 21日

カズオ・イシグロを煙管する

e0030187_1550487.jpg










 なに、こども同士のいじめの話?かと、退屈しながら読み進める。
全寮制の隔離されたこども時代のエピソードが語られて行くのだが、
数章も読めば、臓器移植用の人間牧場の物語ではあるまいかと見当もつく。
 めんどくさくなって(細かい思い出話がじっくり、じわじわ綴られる。)
最終章に飛んで見る。やっぱり、そうじゃないか。
 わたしはもっと酷いことを想像していた。クローンではなく、奴隷制の
一種として、人間牧場用に飼育された階級の話だと予想していたが。

 途中のじわじわエピソードをちゃんと読んで行けば面白いのかなあ?
付き合う気になれないのだが。だって、いじめの話の妙な生々しさとか、
ここを我慢すれば地平が開けるとは、とても思えない。

 SFをなめた純文学・社会派SF風味だろうというのが、わたしの感想だが、
柴田元幸の解説では、
<・・(略)細部まで抑制が利いていて、入念に構成されていて、かつ我々を
仰天させてくれる、きわめて稀有(けう)な小説である。>そうだ。
 甘いんじゃない?と、途中を抜かした奴が言っても、聞く耳を持つ人は
少ないだろう。クローン牧場のことをバラして、やや、すまなく思っているが、
バラされたらそれでおしまいの文学では、ないんでしょう?
       (「わたしを離さないで」 カズオ・イシグロ 早川書房 06初帯)
[PR]

by byogakudo | 2006-09-21 15:50 | 読書ノート | Comments(0)


<< 神保町ではない      「歌う砂」読了 >>